オリジナルで激安?!ドレス選びには通販サイトがおすすめ!

結婚式の準備の中で、力を入れたい事の一つが、ドレス選びではないでしょうか。

昔は購入が一般的でしたが、現代のほとんどがレンタル衣装になっています。

さらに、今はインターネットが当たり前になり、通信販売の規模や種類もかなり多くなっています。

一生に一度のドレス選びは、実は通販が一番お得?!

そこは、元ブライダルスタッフの私が解説していきます。

通販ドレスの魅力とは?

通販とは、通信販売ですから、購入と言うスタイルになります。

結婚式が終了したら、今後着る機会がないので無駄では?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

私の友人は、結婚式後、子供も生まれ、何年目かの結婚記念日と、子供の誕生祝いを兼ねて、家族写真の際に、再度ドレスを着用していました。

もちろんよそゆきに着ていくことは出来ないですが、記念写真であったり、女の子が生まれて大きくなった時に、結婚式や何かの記念日に着てくれるというのも、感動があるのかもしれません。

さらに、通販ドレスは、アウトレット品なども含め、既存のデザインや、お気に入りのデザインにご自身のサイズがあれば、かなりお得に購入できます。

そして、オーダーでも格安でドレスを作製してくれるサイトも多いようです。

せっかくなら、オリジナルでなおかつ自分にピッタリサイズのドレスを着こなしたいですね。

韓国の通販サイトが激安?!

列席者用のフォーマルドレスなどを通販サイトで探していると、最近は韓国のサイトがよく出てきます。

デザインとしては、日本人にはあまり馴染みの少ない、海外らしいカラフルなものもあったりしますが、流行に乗っていたり、年代問わずに着られるような素敵なものもたくさんあります。

そして、激安なものが多いです。

そのフォーマルドレスに混ざって、ウェディングドレスもよく販売されています。

驚く程激安だったり、「〇点以上買えば」や「〇〇円以上買えば」送料無料というのも多くあり、かなりお得感があるものが多く感じます。

ドレスとしては、値段にもよりますが、かなり豪華なものもありますが、やはりサイズが合えば、というものがほとんどかもしれません。

ただ、気に入ったデザインとサイズが合えば、かなりお得だと思います。

実物は、届いてからのお楽しみになることがほとんどなので、そこを了承できるなら是非検討する価値ありでしょう。

オーダーがレンタルとほぼ同価格?!

既存のデザインやサイズで見つける方法もありますが、できればオーダー希望の方も少なくないと思います。

完全フルオーダーとなると、値段、時間などもかなり変わってきますが、いくつかの選択肢を選んで、組み合わせて作り上げるオーダースタイルがお得な様です。

例えば、まずAラインやマーメイドラインといったシルエット選びをして、生地の色味、ビスチェや袖ありといったトップのデザイン、フリルやレースといったデザインを選んでいき、サイズを合わせて作るといったイメージになります。

選ぶサイトやお店にももちろんよりますが、レンタル衣装に少し色を付けた位のお値段で作製できるようです。

外せないこだわりがあるけれど、中々レンタルでは見つけられないという方にもオススメかもしれません。

通販のメリットとデメリット

今やレンタル衣装が主流となっている、ウェディングドレスですが、いくらレンタルや格安といっても、費用負担としては大きいものです。

プランがあったり、小物がセットになっていたり、なおかつお手入れ不要のレンタルは、一生に一度しか着ないと考えれば、ベストなのかもしれません。

されど、一生に一度しか着ないものだからこそ、オリジナリティを重視し、誰とも被らない自分だけのドレスを着たい!という気持ちも共感できます。

そこで、通販でのメリットとデメリットをご紹介致します。

メリット

・アウトレットなど、お気に入りのデザインでサイズの合うものであれば、上等品が格安で手に入れられる

オーダーでオリジナリティのある、自分サイズのドレスがレンタルとほぼ同等価格で作れる

・自分の衣装なので、二次会や結婚式後のイベントでも着用できる

・小さいサイズや大きいサイズなど、一般的なサイズでは中々選択肢が少ない方でも、自分にぴったりのドレスを格安で作れる

・衣装合わせに出向くことなく、自宅でドレス選びが出来る

デメリット

・保存やお手入れを全て自分で行わなければならない

・生地感や色味、着用感など実物が試せない場合が多い

送料がかかる場合がある

・ドレス以外の小物などは、別で揃えなくてはならない場合があり、余分にコストがかかる場合がある

まとめ

今はレンタル衣装が主流となっていますが、店舗がない通販では、その分のコストも抑えられ、低価格で上等品が手に入れられるようになってきているのかもしれません。

販売だけでなく、レンタルもインターネットでできる時代です。

ただし、実物を見ながらではないので、いくら低コストといっても、失敗は大きな痛手になるのも事実です。

通信販売を検討するのであれば、コストをとにかく抑える事に注目するのか、自身の満足いくドレスを追及するのか等、どこに重点を置いてどこを妥協するのかをきちんと整理する必要があるでしょう。

結婚式はもちろん、お子様たちにも自慢できるような、満足のいく素敵なドレスが見つかりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です