新婦さんから新郎さんへプレゼントするサプライズアイデア集

結婚式は、普段言えない感謝の気持ちや、相手への想いを伝えられる機会でもあります。

日頃の感謝や、自分を選んでくれたことの幸せを相手に伝えたいと思う方も多いのではないでしょうか。

いつもはしてもらうサプライズを、結婚式に私からプレゼントしたいと思う新婦さんもいらっしゃると思います。

ちょっとびっくりから、感動まで、オススメのサプライズをご紹介致します。

大切な人達を巻き込んだ感動ムービー

結婚式の形は人それぞれです。

自分達の思い通りにでき、来て欲しい人も全て呼べたなら、言う事なしかもしれません。

けれど、中々思うような式にできなかったり、どうしても来られない人がいたり、呼べない人がいたりする方が多いのではないでしょうか。

そういった時に、是非お勧めなのが、ムービーです。

正直、サプライズを計画する方は大変な準備や作業になるかもしれませんが、出来上がったものは、感動間違いなしですし、一生残る最高の思い出になります。

内容

内容を簡単にいえば、新郎さんの家族・お友達・同僚など、結婚式に列席する方はもちろん、列席できない遠方の方など、沢山の方から新郎さんもしくはお二人宛に祝福の言葉をもらい、集めたものになります。

特に、遠方の方や、結婚式に来られなかった方などからは、感動も倍増しますので、是非声を掛けてみましょう。

また、編集が重要にもなりますので、ご自身で勉強するのも一つですし、得意だったり、好きな方って意外といらっしゃるので、声掛けしてみるのもいいでしょう。

プロに頼むのも一つですが、映像関係は意外と費用がかかりますので、検討する場合は、予算や編集内容も下調べしましょう。

演出

例えば、テレビなんかで、芸能人がジャンプして戻ってきたら、違う場所に着いてる、といった編集を見た事ありませんか?

それをビデオ出演者に伝えて、ジャンプの後コメントを始めて、ジャンプで終わって次の人に繋げてもらうという演出方法があります。

もう一つは、スケッチブックなどに、自分の名前やメッセージを書いてもらって、コメントが終わったら、指定した方向にスケッチブックをフェードアウトしてもらいます。

次の出演者に方向の支持を出しておいて、先程のフェードアウトした方向からスケッチブックが登場し、繋がって見える様にする演出方法もあります。

他にも、これは世代にもよりますが、スケッチブックに名前を持って立ってもらい、その人にどんどん近づいていって、メッセージをもらう「あいのり」風なんてのもワクワク感があって楽しいですよ。

撮影方法

もちろん、直接撮影に出向ければ一番いいのですが、遠方であったり、お仕事があれば、中々難しいかもしれません。

また、新郎さんにバレないというのが一番の条件になりますので、一緒に住んでいれば、遠方に出向けばすぐにバレてしまうかもしれません。

そんな時は、協力してくれる友人を見つけたり、遠方であれば、ビデオカメラを直接送るのも一つでしょう。

回覧の様に、次の行く先を伝え、どんどん郵送して回してもらうのも効率がいいかもしれません。

ちょっとドッキリな手紙

サプライズといえば“感動”を想像しますが、感動的な結果の前に、“ドッキリ”を組み込んでみるのはいかがでしょうか。

ちょっと言いしれない会場が緊張感に包まれつつ、最後はホッとしつつ笑いが起きるというちょっと面白いサプライズを紹介します。

その名も「元カノからの電報」です。

祝電を読み上げて頂く時の最後に読んで頂くように、新郎さんにも、そしてできれば誰にも内緒で電報を渡しておきます。

もちろん、パニックになっては困るので、司会者や会場の方にはネタバラシしておきましょうね。

電報内容はもちろん名前が、“元カノさま”です。

文面としては、出逢った頃の新郎様の印象ですとか、新郎様の好きなところやくせなど、ちょっとストーカーっぽく書くことをオススメします。

また、バレてしまいますので、お二人の思い出の場所や、お二人しか知らない内容は書かない方がいいでしょう。

そして最後の一文が「昨日まで彼女で今日から妻の、元カノ〇〇(新婦さんのお名前)より」となります。

電報を呼んでいる間は、笑いをこらえるのが大変でしょうから、落ち込んでいるのか、怒っているのかというように、俯いて表情が見えないようにするのがポイントです。

演技派の方であれば、ずっと新郎さんを睨みつけている、というのもいいかもしれません。

そして、最後まで読み終わったら、新郎さんと皆さんに最高の笑顔を見せてあげて下さいね。

ただし、これはいたずら心満載なので、新郎さんがこういったサプライズが嫌いであったり、ご両親が難しい方であれば、その後の式の雰囲気が最悪なんて事にもなり兼ねませんので、その辺はきちんと見極めて下さいね。

また、ドッキリではなくても、新郎様宛に普段言えない感謝や、これからよろしくの意味を込めた、感動のお手紙を読むのも、純粋に感動し嬉しいサプライズになりますよ。

サプライズの定番と言えば、かもしれません。

二人の思い出の歌や、新郎さんの好きなアーティストや歌をカラオケで歌うのもサプライズになります。

さらに、もう少し頑張れるのであれば、ピアノを練習するのも感動を誘うでしょう。

いつの間に練習していたんだろう、とその姿と想いを感じるだけで、とても感動的になります。

ただし、正直、プロやよっぽど上手い人でない限り、歌というは、ご本人達は感動するかもしれませんが、周りの人達は意外と冷めて見ていることが多いものです。

もし、ピアノ伴奏や歌をサプライズに組み込むのであれば、友人に頼んだ余興に、実は加わっていたとか、途中から無理やり引き込まれた風にして、実は完璧に練習していた、などのように、他の人達にも協力を仰いだ方が盛り上がります。

新婦さん一人で新郎さん宛に歌のサプライズは、オススメできないというのが正直な気持ちです。

まとめ

結婚式でのサプライズは、手を込めば込むほど、やはり驚きや喜びも大きくなるかもしれません。

ただ、結婚式の準備というのは、意外とやるべき事が多くて、大変なのも現状です。

特に、結婚式の準備って、意外と新婦さんが頑張っている事が多いものです。

その中で、新郎さんのサプライズを考えるのは、本当に意外と時間や準備が大変でしょう。

もし計画するのであれば、友人などに協力してもらい、あまり無理しすぎず、楽しんでできるように心掛けて下さいね。

サプライズはもちろん、準備を頑張ってくれたあなたに、きっと新郎さんも惚れ直しちゃう事、間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です