列席者との時間を楽しく彩る演出テーブルラウンドアイデア集!

結婚式の演出として、1つは取り入れたい“テーブルラウンド”。

テーブルラウンドとは、その字の通り、各テーブルを周って行う演出の事です。

一番有名なものでいえば、キャンドルサービスでしょう。

現在では色々な種類のテーブルラウンドがあります。

列席者との大切な一時を彩る演出テーブルラウンドをご紹介致します。

オススメのテーブルラウンド

結婚式では、基本的に新郎新婦は高砂にいて、列席者さまが高砂に来てくれなければ、中々交流が持てないのが現状です。

けれど、せっかく来て頂いたのだから、一言でもお礼を、せめて目を合わせて笑顔で感謝を伝えたいものです。

そういった列席者さまとの時間や交流が持てるのが、テーブルラウンドでしょう。

感謝や祝福を伝えたり、時には列席者さまから楽しいいたずらがあったりと、結婚式の盛り上がる見せ場の一つです。

結婚式の演出として、1つは取り入れる事をオススメします。

ではどんな演出があるのか、いくつかご紹介致します。

キャンドルサービス

テーブルラウンドといえば、これでしょう。

現在では従来のキャンドルで行うものもありますが、各テーブルのキャンドルも炎色反応により炎の色が変わったり花火がでたり、キャンドルの演出もさまざまあります。

もちろん、最終的に高砂で点けるキャンドル演出も豪華になっており、花火はもちろん、点火と同時に壁にプロジェクションマッピングが出たり、会場によって個性ある演出が用意されています。

会場にもよりますが、高砂で点けるキャンドルは、太くて数字が書いてあり、今後の結婚記念日ごとに灯すといったのも定番で、実際私もキャンドルサービスを行い、そのキャンドルを頂きました。

そして、キャンドルサービスと言えば、列席者様が、テーブルのキャンドルに箸袋を被せていて、火を点けようとして笑いが起きるというのも、定番だけれどほっこりできるお約束ですよね。

また、キャンドルではなく、光る液体で行う演出もあります。

アクアイリュージョン”や“ルミ・ファンタジア”と呼ばれています。

各テーブルに液体の入ったグラスが置いてあり、新郎新婦が持っている液体を注ぐと色が変わったり発光します。

高砂にも、各テーブルよりは大き目の物が用意されており、新郎新婦がそれぞれ両端から液体を注いだり、二人一緒に注いだり、方法は様々ですが、こちらも色が変わって発光します。

グラスや色も様々あり、幻想的な演出になります。

テーブルフォト

これも字の通り、各テーブルを周り、テーブルごとのメンバー写真を撮ります。

実際に私も、自身の結婚式で行いましたが、これは、かなりオススメしています。

結婚式の写真は、それぞれのご友人も撮って頂けますし、プロのカメラマンに頼む方もほとんどでしょう。

でも、やはりプロといっても、全員もれなく撮影するというのは、難しいものです。

結婚式は人数も多いですし、やはり主役の二人をメインに追っかけ、さらに演出や盛り上がりがある所に集中します。

ですので、どうしてもテーブルから見守っていてくれる様な、大人しい方はお写真に残りにくいものです。

実際に私も、少人数結婚式であったにも関わらず、テーブルフォトを除けば、他の写真に1枚も写っていない方は何人かいらっしゃいました。

集合写真も親族だけですし、中には挙式に間に合わず披露宴から、という方も少なくありません。

ですので、各テーブルを周り、来て頂いた方全員もれなく一緒に写真が残せるテーブルフォトは、とてもやってよかった演出ですし、オススメ致します。

演出時に、退席されている場合も、他のテーブルを先にして、その間に集合を掛ければ、時間も無駄にならず、スムーズに進める事ができました。

また、写真用のアイテムポーズを各テーブルで決めておくと、盛り上がりますし、楽しい写真が出来上がりますよ。

プチギフト

今や定番ともいえる“プチギフト”は、お見送りの際にお渡しするのが一般的になっています。

出始めは、テーブルラウンドの演出として行う方も少なくありませんでした。

プチギフトについては、配り始める前に、どういった物どんな思いで用意したかを司会者よりお伝え頂くと、さらに盛り上がります。

実際に、私も結婚式で経験した事がありますが、一人一人に言葉を掛けながら手渡しして頂けるので、そろそろ自分だと思うドキドキ感と、渡してもらっている時のなんとも言えない緊張感というか、高揚感に感動した覚えがあります。

その時のプチギフトは手作りクッキーでした。

手作りギフトも素敵ですし、今やプチギフトもさまざまあり、プチギフト専用として販売しているものもあります。

中にはオリジナルでパッケージを作れるチ〇ルチョコなんかも人気があります。

二人の趣味や仕事など、個性を重んじて選んだり、ラッピングもこだわったり、二人らしさを出せる演出の一つとも言えます。

ただ、お見送りににプチギフトが定番化してしまっているので、テーブルラウンドでプチギフトを行って、お見送りの時はなし、というのも寂しい気もしますし、かといって2回プチギフトを配るというのも大変です。

もし渡したいプチギフトがあるのであれば、もちろん2回行っても問題ありませんし、お見送り時にも配らなくてはいけないという定義もありませんので、こちらの兼ね合いは検討してみて下さい。

ちなみに、私はお見送り時にプチギフトを配りました。

当時は歯科助手のパートをしていたので、大人用と子供用の歯ブラシを購入し、百均で素敵なラッピング袋を見つけて、自分で包みました。

絶対に使用するものですし、もらって困らず、比較的安価で用意でき、中々オススメですよ。

テーブルラウンドの時の曲

結婚式 テーブルラウンド

テーブルラウンド時に流す音楽について悩む方もいらっしゃると思います。

当然テーブルフォト以外は、照明が落ちますので、しっくり感動的な雰囲気にしたいのであれば、バラード系をオススメ致します。

明るく楽しく和気あいあいの雰囲気を希望されるのであれば、ポップで明るく楽しいのがいいですね。

また、キャンドルサービスなど、最終的に高砂などで見せ場がある場合は、ドーンと盛り上がりのある曲を1曲選びましょう。

会場にも結婚式でよく使用されたり、結婚式にふさわしい曲は用意されていますので、お任せしてもいいでしょう。

お二人の好きなアーティストや曲があれば、それをチョイスするのも、お二人らしさが出てよいでしょう。

ただし、結婚式ですから、歌詞は要チェックして下さい。

見落としがちなのが、洋楽です。

盛り上がりもいいし、有名だし、曲調も最高だけれど、実は大失恋だったり別れの曲だったり、というのはよくあるものです。

結婚式の見せ場に、別れの歌では、ちょっと縁起も悪いですし、盛り上がり切れません。

自分達で選ぶ場合は、歌詞のチェックをお忘れなく。

また、テーブルラウンドの場合は、列席人数つまりテーブルの卓数で音楽が流れる時間が変わってきます。

会場によって差があると思いますが、大体3曲位が用意する目安になると思います。

実際私自身の結婚式でもキャンドルサービス時は、3曲必要と言われ用意したのですが、少人数だったので、3曲全部使用してくれたのですが、各曲、サビ中のサビ1フレーズに近い位だったので、切り替わりが早すぎる感じがしました。

当然使用したい箇所は盛り上がるサビ部分ではあると思いますが、もし流したい曲に思い入れやこだわりがあるのであれば、大体の時間を予測して打ち合わせ頂くといいかもしれません。

テーブルフォトについては、これといった盛り上がりや演出はありませんので、音楽については希望があれば用意するといった形で問題ないかと思います。

結婚式に流す音楽については、入退場、演出などの目立った内容の時に曲を用意する形が一般的です。

ただ、こだわりがある方については、歓談中など、全ての音楽を決めて頂く方もたくさんいらっしゃいます。

私の友人もCHEMISTRYが大好きで、歓談中含め全曲揃えていて、「さすが」と友人一同感心した覚えがあります。

歓談中などは、別れや失恋でなければ、楽しい曲を掛けて頂いていいのですが、演出など見せ場の際は是非、盛り上がりと、歌詞が心に響く様なものを意識して選んでみて下さい。

まとめ

テーブルラウンドは新郎新婦さまはもちろん、列席者さまにとっても、大変思い出深い一コマになります。

普段は何もなく話せるけれど、結婚式当日は、主役であり、普段とは違う姿、オーラに少し圧倒され、時間的にも中々お話し出来ない存在にも感じます。

そのお二人が近くに来て、声を掛け、同じ一時を過ごせる大切な時間にもなります。

「キャンドルサービスが恥ずかしくて仕方ない」といった声もよく聞きますが、是非取り入れて見て下さい。

やってよかった!」と必ず感じられると思います。

また、テーブルラウンドはテーブルの卓数によって、かかる時間が大きく変わってきますので、注意が必要です。

私自身は少人数であったので、キャンドルサービスとテーブルフォトの2つを盛り込んでも、時間はオーバーしなかったですし、余裕がありました。

大人数の場合は2つはかなり厳しいですし、以前列席した結婚式では、キャンドルサービスは3卓に1卓位の割合で行っていました。

時間配分はよく考えて取り入れるようにしましょう。

演出方法は決まっていても、ちょっとしたアレンジ曲のチョイスで、お二人らしい、お二人だけの演出になるはずです。

お二人の為に、そして来て下さる方の為に、是非一つテーブルラウンドを取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です