結婚式列席は礼服?スーツ?違いを知って着こなすおしゃれ術

結婚式の招待された時、ご祝儀や日程が決まったら、気になるのが、列席時の服装ですよね。

男性は礼服スーツとはいうものの、はっきりした違いってご存知でしょうか?

また、新郎新婦との関係性によっても、衣装は違うのでしょうか。

たくさんの人が集まる結婚式で、恥をかかずにかっこよく参加できるよう、礼服とスーツの違いを着こなしをご紹介します。

礼服とは?

スーツというのは、男性であれば1着は持っているでしょうし、着る機会もあると思います。

では“礼服”とはどんなものか、スーツと違うのか、ご存知ですか?

礼服といっても、実は、正礼装準礼装略礼装、という3つに分類されるのです。

正礼装と準礼装はで、着用する衣装が変わってきます。

一般的な時間の分け方としては、夏は18時冬は17時位を目安にします。

正礼装と準礼装については、新郎さんのご衣裳でご用意する場合が多いです。

また、日本の結婚式では、昼夜の区別をつけずに、デザインで衣装を決めている方がほとんどです。

しかし、海外においては、礼装の区別や着こなしは、一般常識ともいえるので、海外の場で着用する際は注意が必要です。

日本でいう所の、女性の着物において、振袖は未婚女性、既婚女性は訪問着や留袖といったような感じでしょうか。

ただ、日本において、あまり列席者が張り切った衣装を着ているのも浮いてしまう場合がありますので、状況や周りの方に確認しながら決めましょう。

正礼装

昼 フロックコート 上着の着丈が膝まである伝統的な昼の正礼服。黒もしくはグレーのダブルの上着に、立衿シャツとアスコットタイを組み合わせる。

モーニングコート 男性の昼間の正礼装。へそ下あたりの短い前裾から、膝裏下あたりの後裾まで斜めにカットされた黒のジャケットが特徴的。ジャケットと共布のベストに黒とグレーのストライプか黒白小格子のパンツを着用。
※本来はフロックコートが第一正装ですが、日本ではモーニングの方が知名度も高く第一正装と捉える場合が多いと言えます。

夜 テールコート(燕尾服) 男性の夜の正礼装の一つ。前身頃が短く後ろ身頃はツバメの尾のように長くなっている。
※本来はテールコートが正礼装なのですが、特に日本においては、スタイリッシュに見えるタキシードも正礼装として扱われる場合も多くなってきているようです。

準礼装

昼 ディレクターズスーツ モーニングコートの略装として生まれる。特に独自のアイテムがあるわけではなく、ブラックスーツと同じノーベント細い糸の黒いジャケットに、グレー(弔事は黒)のベスト、コールズボンを合わせたもの。

夜 タキシード 夜の準礼装とされている。黒無地のタキシードジャケット。シングル、ノーベンツ、鼓釦一つ掛け。襟はショールカラー(ヘチマ襟)ピークドラペルのどちらでも良いが、ショールカラーがオーソドックスな形。

略礼装

昼・夜 ブラックスーツダークスーツ 黒もしくは濃い色のスーツ(ダークグレー・チャコールグレー・ダークブルー)で茶色は含まない。ジャケットはノーベンツ(切込みがないもの)でズボンはシングル。

結婚式の列席者にふさわしい礼服とは

日本で一般的に“礼服”と言われるのは、略礼装になります。

略礼装とは、“ブラックスーツ”もしくは“ダークスーツ”の事を指します。

また、一般的な礼服は、黒のブラックスーツを指す場合が多いと思います。

さらに、ストライプなどの生地のスーツが多くありますが、結婚式など冠婚葬祭の場合は、柄物を避け、無地にしましょう。

ボタンについてはシングルならば1~3個、ダブルであれば4~6個になります。

本当はダブルが主流で正式であるようですが、近年では、ダブルを好まない若い方も増えていますので、ご年配の方はダブル若い方はシングルといった印象があるようです。

また、可能であれば、スリーピースつまりベストがついていると、さらにフォーマル感が上がるでしょう。

そして、ブラックスーツは生地によって、同じ黒でも意外と大きく差が出ます

結婚式だけでなく、慶事や弔事にも着用されますが、人が多く集まり、なおかつ皆さん黒をお召しになっておりますので、黒が並ぶと差は歴然です。

礼服はそこまで頻繁に着るものでもありませんし、それほど流行もありませんので、できれば少し奮発してちょっと良い目の物を1着ご用意頂いた方がよいと思います。

また、ご友人関係であれば、ダークスーツなどでもよいですが、ご親族関係であれば、できればブラックスーツの方がよいかもしれません。

ご年配の方も多くいらっしゃいますし、ご親族通しの顔合わせでもありますので、ブラックスーツの方が締まるかと思います。

さらに、地域などによって価値観や習わしが変わってきますので、列席するお二人のご出身や、列席する会場の地域などによって、衣装が心配であれば、周りの方や新郎新婦のお二人に確認する事をおすすめします。

ただ、1番間違いない無難なものを選ぶのであれば、やはり、ブラックスーツでしょう。

今は、紳士服のお店などに行くと、礼服コーナーが用意されていますので、間違いないものをご用意頂けると思います。

礼服でおしゃれ

礼服と聞くと、年配の親戚のおじさんなどが着てる、ダブルの黒いスーツ、といったイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

今は、個性的でおしゃれな方がとても多いので、礼服に嫌悪感を感じている方もいらっしゃるかもしれません。

やはり個性を重んじたい方は、ダークスーツを選ばれるかもしれませんね。

ただ、冠婚葬祭両方で使用できるブラックスーツをご用意する方も多いと思います。

ブラックスーツを着る際も小物使いでおしゃれは十分楽しめます。

無地のブラックスーツ(ノーベンツでシングルズボン)と白いワイシャツは定番になります。

ネクタイについては、白と黒のストライプがイメージにあると思いますが、もちろんそちらで間違いありません。

さらに、シルバーでも正装になります。

白やシルバーで無地でも構いませんが、柄付きであったり、光沢があたったり、おしゃれなものもたくさんあります。

また、ご友人としての列席であったり、少しカジュアルなスタイルであればカラータイでもよいでしょう。

アスコットタイという幅広目なタイや、アスコットスカーフというスカーフのようなネクタイもあります。

アスコットタイは基本的に昼間の式で、モーニングコートに合わせたもので、アスコットスカーフはカジュアルなパーティに合わせて着用するものです。

色々な種類がありますが、どれもそれぞれの衣装に合わせて作られたもので、一応決まりがあったりします。

ただ、日本ではおしゃれ用としてさまざまに用意されていて、あまりしきたりや時間帯を気にしない風潮もあります。

ちょっとおしゃれの冒険をする時は、結婚式の雰囲気や形式を見て判断しましょう。

また胸元のポケットには、ポケットチーフを差します。

白シルクが定番ではありますが、ネクタイとお揃いで用意してあるものもありますので、揃えて頂くとかっこいいかもしれませんね。

さらに、いまやほとんどのワイシャツにも定番かもしれませんが、礼装用のワイシャツは、ボタンがついていますが、カフス用のボタンホールもついています。

あまり華美すぎず、できれば白の石シルバー系カフスを付けていると、またワンランクおしゃれになりますね。

あとはですが、基本はにしましょう。

スピーチなどない方はブラウン系でもよいですが、黒がフォーマルの定番と言えますので、間違いはありません。

また、紐靴プレーントゥというすっきりとしたつま先の物を選び、メダリオンデザインと呼ばれるデザイン性の穴が開いているものは避けます。

さらに結婚式では縁起が悪いとされるので、毛皮や動物の皮の柄はイミテーションでも避けましょう。

ブーツについては、元々長靴ですので、どんなデザインでも、男性も女性もフォーマルにはふさわしくありません。

まとめ

結婚式は、華やかな喜ばしい場ですので、できるだけおしゃれをして行きたいものですよね。

ただ、きちんとした場であるからこそ、ルールがあります。

「知らなかった」では恥ずかしい思いをしてしまいますし、何より招待した新郎新婦様に恥をかかせてしまう場合もあるのです。

場をわきまえた上で、自分らしさや個性を出せるおしゃれをするのが、何よりスマートでかっこいいものです。

そして、新郎新婦様が主役の結婚式ですから、お二人よりはワンランク下の衣装、つまり目立ち過ぎないようにしましょう。

また、物の価値や質にこだわりすぎて、シャツはシワシワ、靴は汚れている、髪はボサボサなんて状態では台無しです。

おしゃれなアイテムが揃ったら、まずはきちんとお手入れをして、ご自身の身なりもしっかりとして、パリッとしたスタイルを心掛けましょう。

スマートでかっこいい、普段とは違ったスーツスタイルのおしゃれを探してみて下さい。

2 Comments

名無し

昼の準礼装がモーニングですか?
検索すれば引っかかり、多少の影響力はあるのですからしっかり調べてから記事にしてくださいね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です