今や入籍カップルの半数とも言われる「ナシ婚」を選ぶ理由とは?

ナシ婚”という言葉をご存知でしょうか?

結婚するのであれば、結婚式は必然的に行われるもの、と思う方も多いかと思います。

しかし、現代では入籍カップルの2組に1組、つまり半数近くが結婚式をしない“ナシ婚”を選んでいるのです。

なぜ結婚式を行わないのか、その理由とその後とは?

“ナシ婚”を選ぶ理由

入籍はしたけれど、結婚式は行わない、もしくは行いたくないというカップルが、入籍者の半数いるであろうという数字に驚きます。

現代では、ハロウィーンやフェスなど、規模の大きなイベントやパーティが目立ち、フラッシュモブやサプライズといった演出も、数多く取り上げられます。

結婚式のおいても、プロジェクションマッピングなどの光の演出や、サプライズ、衣装も個性的なものも多く、さぞや皆さんこだわりを持って張り切って結婚式を行っているのではという印象がありました。

実際は、もちろんこだわりを持った素敵な結婚式を行う方はいらっしゃるものの、それに比例するかのように、お食事会やパーティ形式の小規模な結婚式を希望するカップルも増えています。

結婚式はお二人の行事といっても、家族や親族、会社の上司や友人など、周りの方も大きく関わる為、さまざまな背景があり、結婚式の形を決めていきます。

では“ナシ婚”を選ぶカップルは、どんな理由で結婚式を行わないのでしょうか。

1位 経済的理由

景気や社会情勢も関係あるのでしょうか。

ナシ婚を選ぶカップルの理由の1位は「経済的理由」でした。

具体的にいうと、挙式・披露宴の費用が高い(高そう)、結婚式を行う資金がないというのが一番の理由でした。

他にも、結婚式を行うよりも、その分のお金を新生活の家具などや新婚旅行に使いたい、という理由も多いようです。

確かに、結婚式は費用が高いですよね。

しかし、規模や会場・やり方によっては、低予算で行える場合もありますが、だったらその分新生活に、という気持ちもわかります。

皆さん、きちんと、今後の新生活や、時間やお金の使い方について、中々シビアに考えていらっしゃるのかもしれません。

2位 授かり婚

少し前までは、“できちゃった婚”と呼ばれていましたが、確かにこれでは、お腹にいる赤ちゃんに失礼な言い方に感じますね。

今は“授かり婚”と呼ばれています。

さて、授かり婚の為、ナシ婚を選ぶカップルも多いです。

妊婦さんは体調やメンタル的にも不安定な場合も多く「身体を一番に考えて」という場合や、出産後は「子育てに追われてそれどころではない」という場合ではないでしょうか。

私も出産経験があり、現在子育て中なので、確かにとてもよくわかります。

ただ、今は授かり婚もとても多い時代なので、会場のプランや体勢もとても整っています

とはいっても、妊娠中や子育て中は本当に個人差がありますので、周りがあれこれ言えないと思うところでもあります。

3位 セレモニー行為をしたくない

目立ちたくない、恥ずかしい、派手な事が嫌い、見世物の様で嫌、など挙式・披露宴というセレモニーを行う事自体が嫌、という意見です。

自分が主役になって注目を浴びるという機会は、特別な仕事などをしていない限り、ほとんどない状況ですものね。

そして、セレモニーなんてしなくても、夫婦になれるので、といったクールな考えの方もいるようです。

年齢が高めの方や、再婚という方も、わざわざセレモニーをやる程でもない、といった意見が多いようです。

また、友人知人の結婚式と比べられたくないという意見や、SNSにアップされるのが嫌など、結婚式を行う事で発生する周囲の目線や意見が気になってしまう、という意見もありました。

その他 身内関係

その他で見てみると、目立つのはやはり身内関係でナシ婚を選ぶ方も多いようです。

挙式・披露宴を反対されたり、両親の離婚や絶縁状態であったり、親族の招待の調整が面倒になってしまったり、などなど頭を悩ませる方も少なくないと思います。

結婚式はお二人が結ばれる為のものですが、親族が結ばれる日でもあり、切っても切れない問題です。

ナシ婚でも、結婚式をしても、一度は誰しも頭を悩ませる事柄かもしれませんね。

ナシ婚で本当によかった?

お金も使わないし、準備の手間もないし、ナシ婚でよかった!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、実は、ナシ婚を選んだカップルは意外と結婚式をしなかったことを、密かに後悔している場合が少なくありません。

なぜ自分達で選んだのに、なぜ後々になって後悔をしてしまうのでしょうか。

両親の気持ち

ご両親の中には、「お金も掛かるし、結婚式なんてしなくていい」「結婚するなんて許さん!」なんて反対意見をお持ちの方もいらっしゃいます。

けれど、大切に育てた子供の晴れ姿、門出の日を楽しみにしているご両親がほとんどでしょう。

女の子を育ててきたご両親は、心のどこかで花嫁姿を描きながら子育てをしてきたでしょうし、お父さんは寂しいと言いつつもバージンロードを一緒に歩くのを夢見てたりします。

男の子を育ててきたご両親は、立派に自分の家庭を作る凛々しい息子を見て、子供時代を思い返す事でしょう。

普段は言ってもらえない、両親への気持ちを綴った花嫁の手紙を、実はとても楽しみにしているものです。

ただ、結婚するのは二人だし、「結婚式をして欲しい」とはっきり伝えられないご両親も実は多いようです。

「両親は特に何も言わなかった」と思っていても、酔っぱらった時などに「結婚式して欲しかった」なんて本音を聞いたという方も意外と多いようです。

そういった本音を聞いたり、他の人の結婚式を見たり聞いた時に切なそうなご両親を見て、結婚式をやってあげればよかった、と後悔する方も多いようです。

ナシ婚を検討するのであれば、是非、ご両親の本当の気持ちを聞いて、相談してみてあげるとよいですね。

結婚式って実は、立派な親孝行の一つだと思います。

他の人の結婚式

結婚式はしなくても、列席する機会は何度もあると思います。

花嫁姿で幸せそうにしている姿を見たり、または結婚式の話題をしている姿を見ると、「やっておけばよかった」と後悔する方も多いようです。

男性の方は特に、奥さんにドレスを着せてあげればよかった申し訳ないと、強く思う方もいらっしゃるようです。

また、年齢を重ねる事に、若い内にドレス姿の写真だけでも撮っておけばよかったと後悔する女性は多いようです。

子供へ

お子様が生まれたとき、両親である二人の結婚式のお写真を見せてあげられなかったり、子供が結婚する時に、自身の結婚式の話をしてあげられない、という意見も多くありました。

結婚式や花嫁姿というのは、知人はもちろんテレビの中でも情報としてたくさん入ってきます。

子供はやはり興味を持つでしょうし、女の子であれば特に夢見るでしょう。

その時に、自身の話を何もしてあげられないというのが切ないと感じるようです。

離婚率があがる?

一概に絶対に結婚式をしないと離婚するという訳ではありません。

ただ、ナシ婚のカップルの30%が離婚をしているという統計があります。

また3年以上結婚生活が続いているカップルの約60%結婚式を行い、離婚したカップルの約40%結婚式を行っていない、というデータもあります。

確かに差はありますが、正直それほど大差あるとも感じません。

ただ、結婚式を行う事で、参列してくれた方達を思い出して頑張れたり、結婚式や結婚式の写真を見て乗り越えたというカップルも多くいます。

結婚式が、結婚のひとつのけじめになっているカップルも多い印象があるのも事実といえます。

ナシ婚の報告とお祝いやお返し

結婚式を行うのであれば、招待客に報告をする必要もありません。

ただ、結婚式後の年賀状などには、お写真を載せたり、結婚式の来られなかった方や、呼べなかった方にお葉書などでご報告を行います。

ナシ婚については、会社の上司の方などには直接会って報告すべきですし、ご親族様にも、それぞれ挨拶に行くのが礼儀でしょう。

また、結婚報告ハガキを、ご親族様はじめ、会社の方、友人など、周囲の方へかならず郵送しなくてはいけません。

SNSなどのツールでの報告のみは論外です。

また、ご祝儀についても、ご親族様を中心に頂くと思います。

結婚式の呼ばれたり、これから呼ばれるであろう方からは基本的に結婚式を行う際と同様の金額を頂くと思います。

ただ、未婚であったり、ご友人などであれば、1万円前後のご祝儀やお祝いの品の場合もあります。

基本的には、頂いた金額の1/3~半額相当お返しをしましょう。

結婚式をしないからといって、報告やお返しなど、お祝い事の手間を全く省いていい訳ではありません。

結婚式をしないからこそ、さらに丁寧に報告挨拶を行う気持ちで対応しましょう。

まとめ

お金がない、子育てが忙しい、目立つのが嫌、身内問題が大変。

ナシ婚を選ぶ理由は、どれも頷けるものが多く感じました。

けれど、それ以上に、後に「やっておけばよかった」「やって欲しかった」と後悔の声が多いのです。

結婚式は確かにお金も、準備を掛ける時間もかかり、大変なのも事実です。

しかし、今は小規模結婚式や、披露宴とまでしなくても、お食事会パーティー形式など、低予算で落ち着いた雰囲気でできる選択肢はたくさんあります。

結婚式をやらなくても、結局、挨拶まわりやお返しなど、やるべき事は多いものです。

お二人や、ご親族紹介程度でも、お披露目会程度のパーティーを行うのも一つだと思います。

また、私はレンタルの婚礼衣装のコーディネーターの経験があるのですが、どんなに恥ずかしくても、是非、ドレスないしは和装で、お写真1枚だけでも、残しておく事をオススメ致します。

お客様でいらっしゃった方も、最初は乗り気でなく、恥ずかしそうにしていましたが、1枚でもドレスを着てみると、とても嬉しそうな明るい表情になる方がほとんどでした。

女性はやはり、誰しも花嫁姿に、個人差はあっても憧れや、願望を持つものだと思います。

今は、格安プランフォトブライダルもありますし、低予算で、時間もそれほどかかりません。

一生ものの大切なお写真1枚だけでも、ご両親も大変喜ばれると思いますし、何よりお二人の、そしてお子様の大切な宝物になると思います。

結婚というのはひとそれぞれです。

完璧な形になるのは難しいかもしれませんが、大きな後悔はしないように、周囲にも耳を傾けて、お二人らしい形を見つけて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です