角を立てずに欠席できる?結婚式に招待された時の上手な断り方

結婚式の招待を頂いたけれど、あいにく出席できない、もしくは出席したくないなんて方もいらっしゃるでしょう。

けれど、欠席をするにあたって、理由や断り方によっては、相手に不快な思いをさせかねません。

せっかくのお祝い事ですし、これからの人間関係を含めて、角が立たない上手な結婚式の断り方をご紹介致します。

結婚式をお断りするタイミングと方法

結婚式をお断りするタイミングも、相手に与える印象や、結婚式の準備の進行によって、非常に重要になってきます。

あまり前々に言うのも「出席したくないのかな」と不安にさせてしまうでしょうし、ギリギリすぎるとキャンセル料が発生したりと迷惑を掛けてしまう場合もあります。

上手にお断りするタイミングをご紹介します。

招待状が届く前に

一般的に結婚式の招待状が届く前に、新郎新婦から結婚の報告や、結婚式の予定の連絡が電話などできますよね。

その際に招待状を送っていいかどうかも確認して頂くと思います。

その時にすでに予定がわかっていて、お断りするのも一つですが、お電話の報告で欠席を即決というのも、相手にとっては寂しい気もします。

ただ、招待状も費用がかかりますし、手間が掛かりますので、確実であればお断りするのも優しさであるかもしれません。

お互いの間柄にもよりますので、お断りできる状況であれば、申し訳ない気持ち出席したかった気持ちを添えて、丁寧に対応しましょう。

招待状の返信を送る前に直接連絡する

招待状が届いたら、欠席が決まっているのであれば、あらかじめ直接ご本人に、欠席を伝えるご連絡をお電話でしましょう。

もちろん直接お会いできればいいですが、お断りを伝えるのに、お時間を頂くのも申し訳ないので、お電話が一番いいと思います。

メールでお返事をされる方もいらっしゃいますが、お互いお電話できる時間が合わなかったり、メールでも納得し合えるご関係ならよいですが、できればこういった場合は、直接お電話の方がよいですね。

メールはやはり文章なので、気持ちや感情が伝わりにくい面もありますので、注意が必要です。

招待状の返信

招待状が届いたら、必ず欠席の旨を伝えていても、返信ハガキは郵送しましょう。

“ご出席”の文字を二重線もしくは寿の文字で消し、“ご欠席”の「ご」を同様に消して、欠席に〇をします。

メッセージ欄もしくは空白のところに、お祝いのメッセージ欠席の旨を一言添えて返信しましょう。

前述したように、結婚式の招待状を送る前に、一度新郎新婦からご報告を兼ねたご連絡をするのが一般的なのですが、中には突然招待状を送られる方もいらっしゃいます。

よく連絡をとっていて、知っていた場合はよいですが、連絡も久しく取っていないのに、招待状が突然届くと、連絡先がわからなかったりする場合もあります。

そういった場合は、直接招待状の返信用ハガキで欠席の返信をしてよいでしょう。

結婚式当日やその後のフォロー

出席できないのであれば、欠席のお返事だけではなく、フォローもとても大切です。

招待状を頂いたのであれば、できれば郵送などで、当日までにご祝儀を送りましょう

出席の場合3万円のご祝儀で換算すると、欠席の場合は1万円程包むとよいでしょう。

大体、出席の際に予定していたご祝儀の1/3~半額相当の金額をご祝儀袋にお包みしましょう。

また、出席のお返事をしていて、ギリギリで欠席にした場合は、出席時相当のご祝儀を包むのが鉄則です。

ギリギリではキャンセルができなかったり、キャンセルできても料金が発生したり、ご本人達にご迷惑を掛けてしまいます。

そして、出来ればご祝儀とは別に、結婚式当日に会場に、祝電お花を送っておく事をお勧めします。

「やむなく欠席だったけれど、お二人を祝福してます」という気持ちが伝わるでしょう。

もしくは、結婚式の前か後に、お会いできる機会があれば、お祝いの品をご祝儀とは別にご用意して差し上げるのもよいかもしれません。

結婚式をお断りする上手な理由と例文

招待をお断りするにあたって悩むのがお断りする“理由”ではないでしょうか。

結婚式の招待が来たとき、すでに予定が入ってしまっている場合はもちろん、実はあまり仲が良くないお友達であったり、金欠で厳しかったり、子育てが大変だったりと、欠席したい理由もさまざまですよね。

すでに予定があったり、子供が大変手のかかる時期だったりと、相手にもすぐ納得いただける理由であればまだよいですが、相手には言いにくい場合は、理由や言い回しもよく考えなければ、角が立ってしまいます。

漠然と「欠席します」と理由がないと不信感を与えてしまいますし、場合によって具体的な理由を伝えない方がいい時もあったりします。

出席したくない・仕事が忙しい・金欠などの時に、結婚式をお断りする際に使える、相手にも納得頂く理由をいくつかご紹介致します。

また、招待状などにメッセージを載せる場合は、“区切りをつけない、分けない”といった意味で、句読点は入れず空白を入れましょう。

また、できるだけ改行もよくありませんので、可能であれば避けましょう。

先約がある

仕事が忙しくて休めない」という理由を使用される方も多いかと思いますが、結婚式の為に仕事を休む人もいらっしゃいますし、たった1日なのにと、仕方がないけれどちょっと寂しい印象を与えてしまいかねません。

常日頃から仕事が忙しい事が浸透していたり、仕事を理由に結婚式を欠席している事が多いのであれば、仕事を理由にするのもよいでしょう。

ただ「仕事が忙しくて休めない」というよりも「大切な打ち合わせがあって、先方の都合もあって日にち変更が難しい」といった理由にすると、なおよいでしょう。

当日は大切な仕事の打ち合わせがあり欠席させていただきます 相手の都合があるため 商談の日程を変更できないことご理解下さい

また、お断りする結婚式のお二人と、全く繋がらない関係のご友人やご親族様がいるのであれば、「他の結婚式が先に予定に入ってしまっている」という理由もあります。

先約優先とはわかりつつも、「どっちが大事なの」なんて思わせてしまう場合もあるので、使用する場合は相手の性格や関係性も考慮した方がよいでしょう。

あいにく親戚の結婚式と重なりまして欠席をさせていただきます

あとは、はっきりとした都合は濁して「どうしても外せない先約(所用)がある」といった言い方を使用される方も多くいらっしゃいます。

せっかくお招きをいただいたのですが あいにく先約(所用)があり欠席させていただきます

法事や喪中

法事が一番、納得頂ける理由かもしれません。

ある程度日程も早めに決められるでしょうし、特に誰かを不幸にさせるわけでもありませんし、譲れない予定でもあります。

ただし、あまりに頻発して使用してしまうと不自然にもなりますので注意しましょう。

あとは、「今年は喪中なので」とお断りする場合もあります。

現在は、喪中で結婚式に出席しないという方は大分少なくなっているような気もします。

もし使用するのであれば、誰を不幸にしてしまうのか、また本当に不幸があった場合に、その年の結婚式には参列するのは厳しくなってしまいますので、こちらも注意が必要でしょう。

また、「身内に不幸があった」といった場合は、お祝い事をお断りする際には、おめでたくない理由をあまり言わない方がいいとされています。

「やむを得ない事情で」といった断り方をするのがスマートかもしれません。

やむを得ない事情により残念ではありますが欠席させていただきます

妊娠や育児

妊娠中の方の場合は、つわりなど妊娠中の体調を理由にして頂いてよいと思います。

また、育児中の方も、お子様が小さいと、会場に連れていくのが難しかったり、預ける人がいなかったり、子供自体が難しい年頃だったりしますので、そういった事を理由にしてよいでしょう。

お子様の年齢にもよりますが、致し方ない事なので、納得頂けると思います。

せっかくお招きいただきましたが子供が生まれたばかりで手が離せない状況ですので残念ながら欠席させていただきます

まとめ

結婚式をお断りしなくてはいけない時、お断りの仕方で悩むお気持ちは大変良く分かります。

上記にご案内したさまざまなお断りの仕方がありますが、共通して大切なのは

御結婚を祝福する気持ちや言葉

ご結婚おめでとうございます

招待して頂けて嬉しいという気持ち

お招きありがとうございます、せっかくお招きいただいたのですが

やむなく欠席しなくてはならない残念で申し訳ないという気持ち

残念ではありますが〇〇にて欠席させて頂きます

といった気持ちと言葉を添え、誠意をもった対応をする事です。

“断る”というのは、とても気が引けて、できれば行いたくない行動かもしれません。

しかし、だからといって、メールだけで済ませたり、最初は出席で急にドタキャンの様な形をとってしまうのは、相手に大変失礼で迷惑な行為になりますし、あなたにとっても印象を悪くする不利な行動と言えます。

やりにくい、やりたくない事だからこそ、誠意をもって、できるだけきちんとした丁寧な対応を心掛ける事が、一番の方法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です