ご祝儀制とどう違う?招待客も嬉しい会費制の結婚式を徹底解説

全国的に一般的な結婚式といえば、“ご祝儀制”になります。

ご祝儀袋に各々ご祝儀を包み、披露宴の受付で渡すスタイルですよね。

実はご存知の方も多いかもしれませんが、北海道は“会費制”が基本スタイルになります。

また、少人数の結婚式や、パーティ形式の結婚式でも、会費制は利用されます。

ご祝儀制とは一味違う、会費制の結婚式についてご紹介致します。

 会費制とご祝儀制の違いとは?

日本全国的に一般的であるご祝儀制と、北海道などで行われる会費制はどう違うのでしょうか?

基本的に、結婚式の内容について違いはほとんどありません

流れや演出、衣装など挙式・披露宴自体に違いはないといってよいでしょう。

強いて言えば、私は以前、静岡県で結婚式のレンタル衣装のコーディネーターや式場紹介を行っていたのですが、和装の取り入れ方は違うかもしれません。

静岡県では、披露宴のお色直しで、洋装(ドレス)から和装へのお色直しも一般的に行われていたのですが、北海道の結婚式では披露宴で洋装から和装へのお色直しは見た事がありません。

もちろん、神前式など和装で挙式をしてから、洋装にお色直しはあります。

ご祝儀制と会費制だからの違いかはわかりませんが、違いを考えると、この位しか思いつきません。

ですので、違いと言えば、言葉通り“ご祝儀”であるか、“会費”であるかの違いのみといってよいでしょう。

会費制はお得?

会費というのは、当日のお料理・お飲み物・引き出物の代金と思って頂いてよいでしょう。

ですので、招待客が増えたから、料金に変動があると考えなくてもよいかもしれません。

ただし、会場費、衣装、演出代などの他の料金については、お二人で負担しなくてはなりません。

もちろん、ご親族様などは、会費とは別にご祝儀をご用意頂ける場合もありますが、期待しすぎてしまうと、後々心配ですので、まずは自己負担と考えた方がいいでしょう。

見積もりを出す際には、ご祝儀制では、たぶん3万円で計算するところ、会費制は確実な金額で見積もりを出せるので、予算通りに近い形で準備がすすめられるかもしれません。

また、会費制はやはりご祝儀制よりもリーズナブルなので、列席者の方も比較的肩の力を抜いて、参列できている感じがします。

正直、引き出物もご祝儀制よりは質素であったりしますが、その点も、あまり気にされないような風潮はあるかもしれませんね。

ただし、ご祝儀制しか列席した事がない方などには、一言お声がけしておいた方がよいかもしれません。

結果的に言えば、ホテルや専門式場などで、いわゆる一般的な演出などを行う結婚式を行うのであれば、ご祝儀制も会費制も、トータルの負担額でいえば、大差ないかもしれません。

レストランや少人数の式などで、お食事をしながら歓談というようなスタイルであれば、もちろん会費制であればお得でしょう。

北海道は、比較的全体的に単価やプランがリーズナブルな傾向があるように感じましたので、地域や会場によって違うというのが正直なところです。

招待客が気になる事

会費制の結婚式に初めて招待された方は、気になる事がやはり多くあります。

会費はご祝儀袋に入れるべき?

会費の他にご祝儀も用意すべきなの?

などわからないことが多くて不安な方も多いはずです。

できれば、招待前にお声がけをしてあげると、皆さん安心できますし、せっかく来て頂いたのに恥をかいた、なんて事心配もなくなるでしょう。

招待客が気になる事をいくつかご紹介致します。

会費はどう支払う?

ズバリ、会費制の結婚式で会費の支払いは、“現金そのまま”です。

受付で、招待状に記載された金額を、お財布からそのままお支払いください。

お釣りも出ますが、お釣りが出ない様に用意しておく方がスマートかもしれません。

お金についても、ピン札でなくても大丈夫ですが、あまりにくしゃくしゃだと華やかな場ですので恥ずかしいかもしれません。

ご祝儀制の結婚式に慣れた方からすると、驚く方も多いでしょうし、不安だと思います。

会費は受付で、現金にてお支払い下さい」とお伝えしてあげると安心できるでしょう。

会費とは別にご祝儀は用意するべき?

ご祝儀についてですが、基本的には、会費以外用意する必要はありません

ただ、ご親族であれば、会費以外にご祝儀をご用意するのが一般的です。

金額については、ご祝儀制と変わりませんので、3万円を目安に、関係性などを考慮し金額を決めて頂きます。

ちなみに、ご祝儀の金額の決め方については、基本的に割り切れない(別れない)数字という事で、奇数が基本になります。

奇数の中で“9”だけは、苦しむという語呂を連想させるので、避けましょう。

また、2桁になりましたら、それほど奇数を意識しなくても大丈夫なようです。

ご友人については、ご祝儀を会費と別にご用意する方は、ほとんどいらっしゃらないといっていいでしょう。

特に仲の良い関係であれば、ご祝儀ではなく、お祝いの品物をご用意して、受付でお預けする方はいらっしゃいます。

引き出物はあるの?

引き出物はあります

が、ご祝儀制の様に豪華ではないと思って頂いた方がよいでしょう。

ご祝儀制の結婚式では、2~3個の引き出物がご用意されるのが一般的ですが、会費制では、一人1個が多いです。

また、品物についてもピンからキリまでありますが、ご祝儀制の物よりは控えめであると思って頂いておいた方がよいかもしれません。

ご祝儀制に慣れていらっしゃる方ですと、「ケチってるなぁ・・・」なんて感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

あらかじめお伝えできる方には、質素である事をお伝えしたり、予算があるようであれば、引き出物のランクアップを考慮した方がいいかもしれません。

お子様の会費は?

お子様がいらっしゃる方であれば、お子様の名前も連名で招待状を出す場合が多いですよね。

その場合、お子様の会費は必要なのか気になるところですよね。

基本的にお子様の会費はかからないのが一般的になっております。

お子様の場合は、お子様用のメニューのお食事になり、その金額は、招待する側が負担する場合が多くなります。

引き出物はご用意されません。

ただし、お子様が大人の方と同じメニューで列席する場合は、大人の方と同じように、大人一人分の会費が必要になります。

もちろん、会費を大人同様支払いますので、その場合は引き出物もご用意されます。

事前に新郎新婦さまから、お子様のいらっしゃるご家庭には、「お子様も是非参加下さい」というご案内と、「お子様の食事メニューをどうするか」というご相談を事前にご連絡して差し上げましょう。

お子様メニューであれば会費が必要ない事、大人と同じメニューが必要なら、大人分の会費が必要である事もきちんと伝え、お返事を頂きましょう。

お電話などご連絡が難しい場合は、招待状の中に、ご案内の付箋やお手紙を添えてあげると、安心頂けると思います。

服装はどうするべき?

服装も、例えば「カジュアル」などの指定がなければ、ご祝儀制のスタイルと変わりありません

女性は白以外の、ワンピースやスーツなどフォーマルでよいでしょう。

男性も、スーツや礼服などでよいでしょう。

服装も「会費制だと違うのか?」と悩む方も結構いらっしゃいますので、招待状にドレスコードを加えてあげるとよいかもしれません。

まとめ

先程申し上げましたように、私は以前、静岡県で仕事をしていた事もあり、ご祝儀制の結婚式に列席した事があるのはもちろん、その仕組みについても知識を持つことが出来ました。

また、出身が北海道という事と、自身の結婚式は北海道にて会費制で行いましたので、会費制についても知識があります。

地域や会場によって、費用やプランはかなり変動しますので、一概にどちらが負担が少ないとは、言いがたいのが現状です。

ただ、列席される方からすると、会費制はやはりご祝儀よりは金額もリーズナブルになりますし、出席しやすいし、嬉しいというのが本音ではないかと思います。

私自身、以前遠方での結婚式に招待された際、旅費とご祝儀を払ってでも行きたいと思い列席を決めていましたが、結婚式前に「会費制で行う事にした」という報告を聞いて、とても助かりましたし、嬉しかった経験があります。

お二人の希望や、会場や地域によって、どのスタイルが行えるのか、どのような費用になるかはさまざまですが、お二人らしい、そしてできれば招待客も嬉しい方法が見つかるとよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です