両家円満の秘訣!?知っておくべき結婚式費用の分担方法とは?

結婚とは、愛する二人が結ばれると同時に、両家が結びつき、親族になる意味もあります。

“結婚式”と一口で言っても、地域によるしきたりや、お家によってさまざまな伝統があったりします。

結婚式費用もその一つ。

お金の問題はデリケートで難しいものです。

せっかくの結婚式で、気まずい問題を起こさない為にも、知っておくべき結婚式費用の分担方法や決める時期をご紹介致します。

結婚式の費用とは?

まず、結婚式の費用についてお話ししようと思います。

結婚式の会場が決まったら、まず“内金”を納めます。

相場は5万円程度で、場所によっては10万円のところもあります。

この内金は、最終的にトータルの金額から差し引かれます。

ただ、会場をキャンセルした場合などは、返金されない場合が多いですので、きちんと決定してから納めるのが鉄則です。

会場が決まったら、“見積もり”が提示されますので、それを参考に、ランクアップをしたり、節約できるところを考えたりして、最終的な見積もりを出します。

トータルの金額としての平均相場は大体300~350万円前後です。

ご祝儀制の結婚式では、当然招待客がご祝儀を持参してくれます。

相場として1人3万円と考え、例えば列席人数が80名だとすると、3万円×80名=240万円ご祝儀として頂けます。

そして最終見積もりのトータルが300万円だとすれば、300万円-240万円=60万円←この差額金額が、実際の負担額となります。

支払いは、結婚式後にご祝儀を差し引いて最終的な負担金額を提示してくれる会場もありますが、結婚式前に、トータル金額を前払いしなければいけない場合も多いです。

また、ご祝儀も必ずしも3万円お持ち頂けるわけではありませんし、結婚式後に時間の延長料金や、プラン外の飲み物代の発生など追加料金が加算される場合もあります。

見積もりギリギリではなく、多めに用意する事と、支払いのタイミングの確認は絶対となります。

結婚式費用の分担を決める時期

結婚式は両家がとても楽しみにしていますし、大切にする一大イベントです。

気を遣って何も相談しなかったり、あやふやなままにしておくと、両家の不安はもちろん、後々まで不満を抱かせてしまう事も多くあります。

お金の問題なので、切り出しにくい面もありますが、ここはきちんと話し合い、できるだけ全員が納得できる形に一番近い方法を見つけましょう。

最終的には両家両親とお二人が顔を合わせて話し合えるのが理想ですが、いきなり「結婚式費用の分担どうしますか」といった形で始めてしまっても、気を遣って思うように話が進まず、うやむやになってしまうでしょう。

まずは結婚式が決まって、具体化されてきたら、それぞれがご自分のご両親に、「結婚式の費用はどうした方がいいと考えているか」聞いてみましょう。

そしてお互いのご両親とお話しした結果を、まずお二人で話し合い、ベストと思う方法を考え、またそれぞれがご両親に報告してみます。

ある程度お互いの意向が伝わり、おおよその目途がついたら、いよいよご両家で最終的な決定のお話をするのが良いでしょう。

この時、「やはり家が負担を・・・」など、遠慮したり、謙虚な意見が提案される場合も多くあります。

そういった意見を鵜呑みにしていては、せっかく最善の形で決まりかけた話も振り出しに戻ってしまいますので、この時はお二人が「話し合って決めた事なので」という形できちんと仲裁し、納得できる方法に持ち直せるようにしましょう。

その後は、またお互いのご両親に、最終的に決まった形でよいかという確認をしておく事も大切です。

相手のご両親がいて、実は言いたい事も言えず、納得できていないと後に不満がでてきては、せっかくの結婚式も、寂しい思い出になってしまっては切ないですよね。

デリケートで難しい問題なので、悩んだり、面倒に感じる事もあると思いますが、一つ一つ確認する事が、後々必ず大切になりますので、ひと踏ん張りしてみて下さい。

結婚式費用の分担を決める時期は、結婚式の6ヶ月前というのが一番多いようです。

この場合は、結納や顔合わせの前になりますので、お互いが挨拶に行った時や、それぞれでお互いの意向を話し合って結果を伝えるといった形をとる方もいるようですね。

また、結婚式だけでなく、結納や顔合わせの費用分担なども一緒に決められるように、6ヶ月前位が多く選ばれるようです。

ご両家が近くにお住まいであれば、一度会ってお話をされるの可能でしょう。

ただ、遠方の場合は中々ご両家が揃うのも難しいですよね。

私も両家が遠方だったので、お互いの両親に意向を伝え、顔合わせの時に最終決定をしました。

顔合わせや結納は、大体結婚式の3ヶ月前位に行う場合が多くなりますので、見積もりもほぼ明確にでていますし、この時にやるカップルも多いようですよ。

結婚式費用の分担方法

結婚式費用の分担の考えについては、本当に色々あります。

地域や家柄によって、しきたりや伝統が残っている場合も多くあります。

新郎新婦本人が支払うのか、両家も交えて支払うのか、両親が負担するのか。

いくつかの分担方法をご紹介致します。

新郎新婦本人が折半、もしくは6対4

新郎新婦のお二人で全額支払いを行う方法です。

折半が多いようですが、考え方として、お嫁さんをもらうといった意味で、新郎さんが6割で新婦さんが4割という場合もあるようです。

または、新郎新婦さまの収入貯金額に応じて割合を決めるといった方もいらっしゃるようです。

ただし、結婚式後の生活などもありますので、結婚式を全て二人で負担して、手元に何も残らなくなってしまっては困ってしまいます。

きちんとその後も考え、結婚式の内容など見積もりを考える事も重要です。

お二人の貯金や経済力をきちんと見直して、決めましょう。

項目ごとに負担分担を決める

例えば、結婚式の衣装については、断然新婦さんの衣装の方がお値段は高くなります。

お色直しをしたり、選んだドレスや小物の追加料金など、圧倒的に料金が新郎さんと変わってきます。

ですので、例えば衣装はお互いに自分の分を出す、演出や会場費など共通の物は折半にする、などと項目ごとに負担分担を割り振る方法もいいでしょう。

また、招待客の人数に結構な差がでてしまう場合も多いものです。

そういった場合の招待客にかかる費用についても、多い方が多く払う、といった分担をする方も多いようです。

項目によって、ご本人さん達で分担したり、遠方親族の交通費や宿泊費は各々のご両親が負担したりと、項目ごとだと細かくて大変な面もありますが、それぞれ分担はしやすいかもしれません。

両家両親が負担

新郎新婦さんがお支払いが難しい場合は、ご両家ご両親さまが支払いをされる場合も、正直少なくありません。

折半がよい場合もありますが、前述した様に、新婦さんの衣装や、招待客のバランスなどで不平等に感じる方もいますので、きちんと意向を聞きましょう。

また、地域や昔ながらの考えの方は、「嫁ぐのだから新郎側で全部負担するのが当たり前」と言った場合もあるようです。

結婚を喜んでくれているので、是非支払いたいと思ってくれている場合がほとんどなので、お言葉に甘えるのも親孝行であったりします。

ただ、新婦さん側のご両親がこのような考えの方だと中々難しい悩みにもなりますので、ご両家が不信感を抱かない様に、お二人がきちんと話し合うことが重要です。

また、全額ご両親に負担して頂くと、正直、お二人がご自身の希望や意見を言いにくくなる場合も多くあります。

ご両親によっては、負担したのだし、かわいい子供の結婚式を少しでもいいものに、と準備などに参加する場合もあります。

どうしても譲れない希望がある場合は、それだけでもご自身で負担するといった方法も考慮した方がいいかもしれません。

まとめ

お金の問題と、両家の問題は、結婚式をする上で、一番と言えるほど難しく悩ましい問題かもしれません。

結婚式費用は、高価でありますし、ご本人で全負担できる方も少ない方かもしれません。

また、ご両親の考えについても、お二人の意向に意見を合わせてくれたり、尊重してくれれば問題ありませんが、「嫁いできたんだから」などの強い意見があると、中々辛い状況にもなりかねません。

けれど、結婚式を行うに当たって、それぞれ意見や価値観は違えど、結婚式を行う嬉しい気持ちがあるのはみなさん一緒だと思います。

最終的な納得できる方法に辿り着くまでは、板挟みになって大変な思いもしてしまうかもしれませんが、最終的に、結婚式が素敵な思い出になるような道のりと思って少し踏ん張ってみて下さい。

お二人もご両親も、感動で迎えられる、最高の結婚式になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です