意外と知らない人が多い!結婚式と挙式の違いを徹底解説

結婚が決まったという報告があると、「結婚式はどうするの?」という質問がセットになりますよね。

最近では「結婚式は挙式のみ、身内だけでやる予定です。」という方も多いですよね。

さて、では“結婚式”と“挙式”、どう違うのか上手に説明できますか?

意外と迷ってしまうこの二つについてお話しします。

“結婚式”と“挙式”とは?

結婚式”と聞くと、まず何をイメージしますか?

・ウェディングドレスを着て、チャペルでバージンロードを歩くセレモニー。

・和装を着て、斎主さんの元、厳かな和式スタイルのセレモニー。

・ケーキカットや両親への手紙、お色直しに、コース料理といった披露宴パーティ

・セレモニーとパーティ、両方合わせてイメージ。

と、いうのが大体、それぞれが一般的に思い描く“結婚式”ではないでしょうか。

では“挙式”とは一体どんなものでしょう。

挙式とは、チャペル式や神前式、人前式といった、二人の婚姻の誓いをするセレモニーの事を言います。

実は、元々の意味としては、結婚式と挙式は同じ意味であったといえます。

しかし、現在では、ほとんどが挙式の後に披露宴などパーティやお食事会を設けます。

そして、招待客については、披露宴参加が基本として招待状が送付され、その内親族や親しい人には挙式に参加してもらう、といった形がスタンダードとなっていますよね。

その為、「結婚式に招待される」というと、「披露宴に招待される」といった形になりますので、結婚式=挙式の意味合いではなくなっています。

ただ、“結婚式”というと、やはり二人の婚姻を誓うセレモニーは外せませんので、現在でいう結婚式は“挙式”と“披露宴”をセットとして考えるのが一般的だと言えます。

挙式の種類

前述したように、挙式といっても、いくつか種類があります。

国や宗教、地域、伝統など、婚姻を誓う形はさまざまです。

現在では、海外で挙式を行うカップルも多くなっていますので、その国ならではの衣装や風習を習って行う、一味違った挙式を望むカップルも増えているようです。

ここでは、日本において主に行われる3つの挙式スタイルをご紹介します。

チャペル式

結婚式をイメージした時に、一番多くイメージするのが、この“チャペル式”ではないでしょうか。

本物のチャペルを使用する場合もありますが、現在は、ホテルや専門式場などチャペルが併設されている場合がほとんどです。

純白のウェディングドレスを着て、長いベールをかけ、讃美歌の響く教会に、新婦さんとお父さんがバージンロードを進み、新郎さんの元へ新婦さんを送り届けます。

二人で祭壇前に行き、神父様から聖書のお言葉を頂き、それぞれに「健やかなる時も、病める時も~中略~愛する事を誓いますか?」「はい、誓います。」と、誓いの言葉を述べます。

その後、指輪の交換をして、新郎さんが新婦さんのベールを上げて、誓いのキスをします。

誓約書にサインをして、讃美歌を歌い、退場といった流れが、基本です。

ただ、例えば誓いのキスなども、「神聖な神様の前なので、唇は禁止。おでこか頬にして下さい。」というように、会場や宗派などによって、流れや方法が違ってきますので、何か希望がある場合は、会場決定前に確認しておきましょう。

神前式

神前式は、日本伝統の結婚式といえる、和装で行う挙式の事です。

和装で厳かに式を挙げたいと憧れを持つ女性も意外と多く、大社や神社で行う場合や、会場併設の神殿がある場合はそちらで行う事もできます。

雅楽の音楽で入場し、斎主さんがお祓いや祝詞を捧げ、新郎新婦が三々九度(大中小3つの盃で交互にお神酒を頂く)を行います。

新郎新婦が神前前で誓いの言葉を述べ、玉串を捧げます。

指輪の交換をして、親族がお神酒を飲んで、全員で退場といった流れが基本となります。

こちらも会場によって、多少違いがでてきますが、三々九度などは神前式の代表ともいえる儀式になりますので、他に希望がある場合は、確認しましょう。

人前式

上記二つの式は、“神様に愛を誓う”スタイルになりますが、人前式は“列席している皆様を証人として愛を誓う”という形になります。

神父さんや斎主さんはいませんし、流れなどに決まりはありません。

二人がオリジナルで考え、作る式といってもいいでしょう。

ただ、あくまで、婚姻の誓いのセレモニーになりますので、誓いの言葉になるものは用意すべきでしょう。

例えば、結婚生活における約束事を二人がお互いに述べる、代表者に誓いの言葉を言ってもらい返事をする、などが代表的です。

また、お二人の個性も存分に出せますし、厳格というより楽しいといったイメージになりますので、アイディア次第で、とても印象的で思いで深い式を作れると思います。

 披露宴

挙式については、人前式以外は、ほぼ流れや曲などは全て決まっていますので、当日のリハーサルをすれば特に問題なく行えます。

ただ、結婚式の準備にあたって一番準備が大変なのが、披露宴になります。

どんな規模で、誰を呼び、どの席にして、料理や引き出物、演出や曲、テーブルクロスにナフキン、スピーチなどなど決める事は山ほどあるのです。

でも、披露宴は二人の門出を祝いに、自分達の大切な人が集まってくれる一日でもあります。

お互いを紹介し、両家が結ばれる日でもありますし、来てくれた人や育ててくれた両親に、感謝ができる大切な日になります。

規模の大きさなどは関係なく、お二人をお披露目する機会は作った方がよいでしょう。

挙式のみの場合でも、後に挨拶まわりに行かなくてはならない場合も多いものです。

準備は大変でもう二度としたくないけど、結婚式はもう一回したいというカップルの声もよく聞きますので、是非披露宴も計画してみて下さい。

まとめ

結婚式は年々、本当に進化していると思います。

個性や自由が重んじられるようになったせいか、様々なスタイルがありますよね。

でもお二人の愛を誓い祝福する事に変わりはありません。

そして、その日が迎えられたことを、ご両親を始め、たくさんの人に感謝できる素敵なセレモニーです。

挙式のみでも、結婚式でも、パーティでも、そういった結婚式の意味を忘れず、あなたらしい結婚式になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です