おそろいがかわいい!今流行りの「ブライズメイド」とは?

最近、時折結婚式で、おそろいのドレスに身を包んだ数人の女性たちを見かけたことはありませんか?

花嫁の知り合いのようだけれど、招待客なのか、スタッフなのか・・・

その女性たちこそ“ブライズメイド”と呼ばれる方です。

おそろいや色違いのドレスや小物を身に着けた姿がとても愛らしく、最近は人気が高まってきています。

ではブライズメイドとは一体どのような存在なのでしょうか。

ブライズメイドとは?

ブライズメイド

ブライズメイド”の起源はヨーロッパです。

結婚する幸せな花嫁を妬む悪魔が、花嫁に近づけない様に、同じ年頃の独身の姉妹や友人が、花嫁に似た姿で周りにいる事で、悪魔の目を惑わした、というのが始まりと言われています。

欧米では現在でも、ブライズメイドが花嫁の、ブライズメイドの男性版アッシャー(グルームズマン)が新郎の身の回りの世話や、式の進行を手伝うのが一般的になっています。

ブライズメイドは起源通り、花嫁の独身の姉妹や親族や友人が、花嫁の白以外のお揃いや色違いのドレスを身にまとい、務めるのが一般的です。

その中でも一番信頼がおけるリーダーの様な存在を“メイド・オブ・オナー(既婚の場合はマトロン・オブ・オナー)”と呼び、重要な役割を任されます。

また、アッシャーの中は“ベストマン”と呼びます。

ブライズメイドは2~5名が一般的で、アッシャーもブライズメイドに合わせて人数を決めます。

本来のブライズメイドの役割

欧米のブライズメイドやアッシャーは、お二人の身の回りの世話だけでなく、式の進行にも大きく関わってきます。

ブライズメイドは、挙式時に花嫁の先に、等間隔で一人ずつ入場します。

この時、メイド・オブ・オナーは最後尾になります。

入場後は花嫁側の祭壇横に並びます。

メイド・オブ・オナーは式の進行の中で、グローブやブーケを預かったり、ドレスの裾を直したります。

退場は、アッシャーとカップルになり、新郎新婦の後ろを、等間隔で退場します。

また、実はアッシャーの方が意外とブライズメイドよりも役割が多くあります。

挙式時はバージンロードを敷き、一番最初に等間隔で入場し、その後に新郎が入場します。

新郎側の祭壇横に並び、ベストマンは式中にグローブを預かったりします。

披露宴では、進行の手伝いをしたり、ゲストを席までご案内します。

また、結婚式当日だけでなく結婚式の準備も手伝い、二次会の幹事も務めます。

さらに、よく映画などで、花嫁は女性だけで、花婿は男性だけで、結婚式前にパーティーを行っているシーンを見た事ありませんか?

欧米では、独身最後の結婚式前祝のパーティーが行われ、その企画もブライズメイドとアッシャーの大きな役割になります。

日本でいうブライズメイドとは?

私自身の結婚式では、チャペル挙式の際、会場の方から「新郎新婦それぞれから一人お友達をお手伝いに選出して下さい。」と言われました。

お互いに一番信頼している友人を選出しました。

結婚式当日、挙式の50分程前に友人にも来て頂き、一緒にリハーサルを行いました。

挙式で友人は、それぞれ招待客席の一番前に用意された一人席に座っていました。

新郎が入場し、新婦と父が入場し、新郎と花嫁が祭壇前へ、という形で入場を終えました。

結婚誓約書を書くとき(私達は結婚指輪の交換はしなかったので)に、友人がグローブを外して、ブーケも一緒に預かってくれました。

新郎も同様にグローブを預け、誓約書を書き終わると、新婦は友人にグローブをはめてもらいました。

セレモニーが終わると、新郎新婦の後ろを二人が退場する形になりました。

今思えば、これがブライズメイドのメイド・オブ・オナーとアッシャーのベストマンの役割に近かったのだと思います。

私も「一番の親友と言えば」、と思いお願いしましたし、友人も喜んで引き受けてくれたのですが、意外にグローブのたたみ方や、立つタイミング、さらには退場も一緒だったので、とても緊張したと言っていました。

挙式の事は、会場スタッフがサポートしてはくれるものの、必死過ぎてあまり覚えていないと言っていました。

確かに、どんな役割かもわからず、一度のリハーサルでいきなり本番ですから、当然ではありますよね。

日本では、どちらかというと、重要な役割というよりは、お揃いのドレス華を添える演出であったり、受付をする位が一般的ですので、本来のような役割が定着するのはまだまだ先かもしれません。

現在は人前式なども増えてきて、自由なスタイルの挙式の場合は行いやすいかもしれませんが、神父さんがいて、厳粛なスタイルが確立している場合は少し難しいかもしれませんね。

また、欧米の結婚式は、どちらかというと、アットホームなパーティ形式であったり、みんなで協力したり、サプライズしたり、盛り上げるのが当たり前と言う感覚も強いですよね。

さらに、パーティーも盛んに行われるので、ドレスを着る事も、パーティーの流れや雰囲気なども基礎的に持ち合わせているので、違和感なく行えるのかもしれません。

日本で、本来のブライズメイドやアッシャーをお願いしたいと思ったら、アットホームなパーティ形式であったり、イベントや企画が大好きな方でないと、思わぬ負担を与えかねないのかもしれません。

まとめ

チャペルの結婚式や、披露宴も、そもそもは欧米の文化ですよね。

ブライズメイドやアッシャーも、その文化が流れてきたものですが、やはり本来とは少し意味合いが変わってきているのが現状です。

ただ、元々文化や結婚式のスタイルが違うものです。

一から全て友人など周りの人と作り上げる様な、本当にアットホームな式でない限り、本来の役割をお願いするのは、かなり相手に負担を掛けてしまうかもしれません。

結婚式に招待するという意味を考え、どういったで関わって欲しいのか、どういった想いで参加して欲しいのかを改めて考え、“ブライズメイドの役割”を決めて頂けるとよいのではないでしょうか。

本来の意味を知りつつも、本来の役割に捉われ過ぎず、日本なり、あなたなりの、素敵な愛らしいブライズメイドを作り上げて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です