人気復活!?自宅で行う結婚式!メリットとデメリットは?

結婚式と言えば、ホテルやレストラン、専門式場で行うのが一般的ですよね。

テレビなどで見た事があると思いますが、昔は“自宅”で行うのが一般的でした。

最近ではこの自宅で結婚式を行うスタイルが、“マイホームウェディング”と呼ばれ人気が上昇しているようです。

自宅で行う結婚式とはどんなものなのか?

そしてどんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

自宅で結婚式ってどんなもの?

結婚をすると一般的に、新婦さんが新郎さんに嫁ぐ形が多いですよね。

ですので基本的には、新郎さんのご自宅で行うの形が多かったようです。

新婦さんはご自宅から準備を整え、新郎さんのご自宅へ向かうところから始まり、今でいう“神前式”で三々九度を行い、親戚一同の中で、宴会をしながら祝言を祝うといった感じでしょうか。

現在は、伝統的に残っている地域では、この様な形が残っているようですが、“マイホームウェディング”といった形を希望したお二人は、新居で行う形が多いようです。

マイホームウェディングを希望されるカップルの理由としては

・他とは違う個性的な結婚式を行いたい

・とにかく気兼ねすることなく、アットホームに、和気あいあい楽しくしたい

海外のような、自宅で行う結婚式に憧れている

・自分達らしさを最大限に出した、こだわりある結婚式をしたい

予算をできるだけ抑えたい

などが多いと思います。

そんな願いが叶えられる、自分達が総プロデュース可能なのが“マイホームウェディング”でしょう。

今回はこういった、お二人が希望して行うマイホームウェディングについてご紹介致します。

マイホームウェディングのメリット

自宅で結婚式を行いたいという方は、こだわりがたくさんあると思います。

そんな思いが叶うのがマイホームウェディングです。

一般的な結婚式とは一味も二味も違う自宅で行う結婚式のメリットの数々とは?

自分達で総プロデュース

一番の魅力がやはり、全て自分達で作り上げられる事でしょう。

挙式から、会場の装飾・スタイル・イメージ・音楽・料理など何もかも、規制なく、一から自分達の思い通りにできます。

お二人のこだわりを全て詰め込むことができるでしょう。

会場費が無料

もちろんご自宅で行う訳ですから、会場費がかかりません。

その分を衣装やお料理、新婚旅行などに使用する事だってできちゃいます。

お金のやりくり次第では、一般的な結婚式よりかなり低予算で行うことも可能でしょう。

結婚式後も新居に遊びに来やすい

新居を結婚式会場にすれば、同時に新居の案内にもなる訳ですから、場所もわかりますし、一度来たことがあれば、皆さん遊びに来やすくなりますね。

また、結婚式の思い出も、遊びに来る度に思い出せるので、楽しい話題にもなるでしょう。

とにかくアットホーム

やはりご自宅なので、ご本人様よりも、ホテルや式場で行うよりも、招待客の方々も肩に力が入らず、リラックスして参加できると思います。

広さ的にも、呼べる方は親戚と、特に親しい友人などになるでしょうから、メンバーとしても気持ちは楽ですよね。

また、新郎新婦さまとの距離もかなり近いですから、お互いの声もよく聞こえて、あたたかい式になる事は間違いないでしょう。

お子様連れやご年配の方も安心

お子様連れやご年配、お身体に不自由がある方などは、やはり人一倍気にすることも不自由も多いものです。

ご自宅であれば、人の目を気にすることもありませんし、一部屋ご招待客さま用に休憩スペースをご用意してあげると、さらに安心できると思います。

お子様であれば、お昼寝や授乳もできますし、安全に遊ばせておけますし、迷子の心配もありません。

ご年配の方なども、疲れてしまった時など、ホッとできる場所があるだけで、随分気が楽でしょう。

マイホームウェディングのデメリット

自宅で結婚式を行うという事は、全てを自分達で決めなくてはいけませんよね。

自由が故に決まりがないので、「こんなはずじゃなかった!」なんて残念な思いしないためには、デメリットをよく把握しておくことでしょう。

失敗しない為に知っておくべきマイホームウェディングのデメリットとは?

何もかも自分達でやらなくてはいけない

先程のメリットの一番の魅力が、実はデメリットにもなりうるのです。

こだわりを最大限にだせるのはもちろんですが、結婚式と言うのは、実は準備など細かい事がビックリするほど、沢山あります。

通常の結婚式では、支柱となる大体の流れや、プログラムが決まっており、その中で選択肢を選んでいきます。

総プロデュースとなると支柱作りから始めますので、やり方によってはダラダラしてしまったり、ただの宴会にもなり兼ねません。

また、会場費がかからないといっても、他は全て手配しなくてはいけません。

例えばお料理で料理人を呼べば、料理代の他に出張費が掛かったりします。

出張費持ち出し費用など、単価が高くなることも多いので、やりようによっては予算がかなり必要になる場合もありますので、要注意です。

とにかく全てにおいて徹底した下調べが絶対に必要です。

知人の協力が必要不可欠

現在ではプロデュース会社もありますので、当日などのスタッフを依頼する事も可能です。

ただ、本当にアットホームに一から作るのであれば、友人・知人の協力がなくては、自宅での結婚式は成立しません。

当日の司会やアテンド、音響やカメラマン、料理や運ぶ人、など必要な人材は意外とたくさんいるものです。

全て知人に頼むのか、プロに頼むべきものはあるのか、をきちんと羅列し決めなければいけません。

また、当日知人にお願いするという事は、頼まれた人は祝福しながらも、やるべき仕事がある訳です。

負担をかけてしまい過ぎない配慮も大切です。

駐車場の手配

場所にもよりますが、自宅で行う場合に意外と考えて手配しなくてはならないのが、駐車場です。

電車やバスで来られる圏内であっても、やはりお子様連れや、ご年配の方をお連れする場合は、車が必要な方も多いはずです。

駐車スペースを確保したり、近くの止められる場所を手配したり、どうしても手配できない場合は、タクシーなどの手配をどうするか考えたりしなくてはいけません。

あらかじめ交通手段を伝えたり、車の有無を確認するなどしましょう。

手配しておかないと、当日慌てなくてはいけませんし、ご近所さんにご迷惑を掛けてしまい、思わぬトラブルにもなり兼ねません。

ご近所さんへの配慮

ご自宅でやるという事は、ご近所さんへの配慮が大切です。

一般的な家では、防音設備などない方が多いでしょうから、音量声量など配慮しなくてはいけません。

ただ、お祝い事ですし、お酒も出るわけですから、静かに行うことは難しいものです。

あらかじめ、ご近所さんに結婚式を自宅で行う旨をご挨拶に行っておくことをオススメします。

まとめ

どんな結婚式でもそうですが、華やかであるからこそ、準備は大変なものです。

けれど、「結婚準備はもう二度としたくないけれど、結婚式はもう一度したい」なんてお二人が結構いらっしゃるほど、結婚式って素敵なものです。

それがご自身のご自宅で、大切な人だけで行えるとなると、期待も膨らみますよね。

でも、たくさんの時間やゆとりがなければ、全てをやり通すのは、よほどの知識やプロでなくては、正直難しいものがあります。

また、周りの人にお願いするにも限度がありますよね。

今はプロデュース会社や派遣業務もたくさんありますので、ある程度はプロの力に託した方がいい場合もあります。

こだわりに固執しすぎて、あまり無理をしないように注意しましょう。

きちんとした下調べと、招待客の方もリラックスして参加できる自宅結婚式の良さを忘れず、素敵なマイホームウェディングを作り上げて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です