結婚式の招待状に手紙を添えても大丈夫?添える場合のマナーとは?

結婚式の招待客については、色々と悩む事が多いものです。

招待客のリストから始まり、遠方の方の交通費、スピーチや余興の依頼、席順、などなど決める事はたくさんあります。

また、自分達の為に来て頂くので、感謝の気持ちも忘れてはいけません。

お願いやお礼の気持ちなどを込めたお手紙を招待状に添えたいけれど、お手紙を入れる事はそもそもいい事なのでしょうか。

また、入れるとしたらどんなマナーがあるのでしょう。

招待状に手紙を添えるのはマナー違反?

招待状を送る際、招待状とは別に自筆のお手紙を添えるのは、マナー違反ではありません

どちらかというと、決まった文面の他に、自分に向けたメッセージが入っていると、心がこもっていて、嬉しいものですよね。

ただし、スピーチのお願いや、遠方から来る方に交通費が出してあげられないけど来て頂けるか、といったお願いしたい事を添えるには注意が必要です。

結婚する事も知らなかったのに、急に招待状が届いて、突然そんなお願い事を手紙一つで依頼されたら、受け取る方は正直いい気持ちはしないはずです。

何か相手にお願いしたい事などがある場合は、必ず招待状を送る前に、直接会う、もしくは電話などで、結婚の報告、結婚式の案内、そしてお願いしたい事を伝えましょう。

そして、返事を頂けたら、改めて、招待状にお手紙付箋・カードなどを添えるのがマナーです。

むしろこういった場合は、直接お返事を頂いていても、必ず確認と、改めてお願いする気持ちを込めて、必ず招待状の中にメッセージを入れましょう。

手紙を添える場合とは?

どうしても来て欲しい方や、仲の良い方、久しぶりに会う方など、挨拶やお誘いの言葉については、気軽に一言添えて頂いて構わないと思います。

ただし、前述したように、かしこまってお願いしなければならない事など、招待状に同封すべき場合もあります。

どういった場合なのか、また、どのように用意したらよいのか、ご紹介します。

挙式参列のお願いしたい方へ

招待状が送られてきても、披露宴は全員参加ですが、挙式は一部の方の参加が多くなります。

ですので、招待状には基本的に披露宴の受付時間と開始時間が書いてあり、挙式に参列する方には、別途ご案内カードを同封するのが一般的です。

会場などで招待状を手配する場合は、招待状と一緒に挙式の案内も手配して頂けます。

「ご多用中恐縮に存じますが 挙式にもご列席賜りたく 当日〇時〇分までにお越し下さいますようお願い申し上げます」

といった一文の付箋、もしくはカードを同封しましょう。

記念写真(集合写真)のお願いしたい方へ

記念写真については、親族が中心となり、挙式の後に行います。

基本的に挙式に列席していた方がそのまま撮影に参加する流れになりますが、挙式に列席できない方や、ご友人で参加してほしい人などにも、招待状に付箋カードを同封しましょう

「誠に恐れ入りますが 当日記念写真撮影にご参列賜りたく 〇時までに〇〇までお越し頂きますようお願い申し上げます」

お友達へ

仲の良いお友達や御親戚などに、「是非来てね」「料理がおいしいよ」など、メッセージが一言あるだけでも嬉しいものですよね。

こういった場合は手紙カードを添えるのもよいでしょうし、招待状に少し余白メッセージといった欄を設けて添えてもいいでしょう。

ただし、一部の人だけにしてしまうと、招待状を受け取った人達が話題に出した時に、書いてなかった人達はいい思いをしないはずです。

もし添えるのであれば、できれば全員に、もし一部だけにするのであれば、遠方の人限定にするなどの配慮は大切です。

お子様連れ妊婦さんなども、比較的色々心配する事も多いはずです。

安心できるサービスや施設があれば、ご案内してあげるだけでも嬉しいと思いますよ。

また、受付友人代表余興をお願いするお友達へは、招待状を送る前に直接お願いしたい事を伝え、引き受けて頂けたら、招待状に一言お手紙やカードを添えてあげるといいでしょう。

受付:「誠に恐れ入りますが 当日受付係をお願いしたく 〇時〇分までにお越しくださいますよう 宜しくお願い申し上げます」

友人代表:「当日披露宴では 〇〇時代をともに過ごした友人代表として是非一言お言葉をいただきたく 宜しくお願いします」

余興:「誠に恐れ入りますが 当日披露宴にて余興を賜りたくお願い申し上げます(〇〇様と2名にてお願いします)」

祝辞や乾杯をお願いした方へ

祝辞(主賓も一緒の場合が多い)や乾杯をお願いした方へは、必ず付箋カードなどを招待状に添えるのが必須になります。

また、結婚が決まったら即報告、結婚式の日取りが決まったら、招待状を出す前に、できれば直接お二人で出向き、出欠のお願いと一緒に、祝辞や乾杯のお願いしたい旨を伝えましょう。

出席とご了承のお返事が頂けたら、招待状に付箋かカードで改めてお願いの一文を添えます。

祝辞の場合:「誠に恐れ入りますが 当日披露宴にてご祝辞を賜りたく 宜しくお願い申し上げます」

乾杯の場合:「誠に恐れ入りますが 当日披露宴にて乾杯のご発声を賜りたく 宜しくお願い申し上げます」

遠方からお越しの方へ

遠方からお越しの方へは、交通費宿泊費などのご用意がどの位できるのかも、きちんと考慮しなくてはいけません。

もし手配しているのであれば

「この度は遠方よりお越しいただくため 宿泊はご用意させていただいております ご都合をお知らせいただければ幸いです」

「遠方よりお越しいただくため 心ばかりの御車代をご用意させていただきます」

「遠方よりお越しいただく方には 往復分の飛行機チケットをお送りさせていただきます ご不要の場合はご一報くださいますようお願い申し上げます」

交通費や宿泊費がご用意できない場合は、必ず招待状を送る前に、お電話などでその旨を伝えてから招待状を送りましょう。

そして招待状に付箋カードを同封します。

できれば、交通費や宿泊費がご用意できないのであれば、ご祝儀は辞退するといった誠意をお伝えした方がよいでしょう。

「この度は遠方より大変恐縮ですが ぜひご出席賜りたく ご祝儀などのお心遣いはなさいませんようお願い申し上げます」

また、私が列席した遠方の結婚式では、友人の職場が会場のホテルマンだったというのもありますが、ほとんどの列席者が遠方であったため、交通費や宿泊費が出せない代わりに、格安の会費制でした。

ご祝儀として3万円は考えていたので、とても助かりましたし、お互いに気を遣わずに参加し、宿泊できました。

私自身の結婚式の時は、もともと会費制であったので会費はそのままに、遠方の方には一人一人お電話を掛け、交通費や宿泊費は出せない旨を伝えて、希望の場所や予算を聞いて、旅行会社勤務の友人に格安プランやホテルを手配してもらいました。

そして、交通費も出せないとはお伝えしてましたが、ほんの気持ちという事で、1万円を、かなり遠方の方は2万円程の御車代を渡しました。

お二人の結婚式には行きたいけれど、遠方の方は予算やご祝儀が気にかかるものです。

出るのか出ないのかは必ず前もってきちんとお伝えし、誠意をもった対応を心掛けましょう。

まとめ

随分とお久しぶりの遠方のご親族やお友達などに、是非結婚式にでて頂きたいのであれば、できればまず、ご結婚の報告と結婚式が決まった事を電話などでできるとよいですね。

でも、電話はしにくかったり、相手のご都合があったりもしますので、そういった場合はお手紙を添えるのも一つの方法だと思います。

今まで全く連絡もなかったのに、突然結婚式の招待状が届いたら、「人数合わせ?」なんて不快に思ってしまう人も意外と多いものです。

結婚の報告、結婚式の案内、近況報告や是非参加して欲しい、会いたいといった思いを伝えるだけで、きっと招待された方のお気持ちも変わってくると思います。

また、お手紙を書く際は、付箋やカードは印刷でも構いませんが、想いを伝えたい場合は、是非手書きをおすすめ致します。

ご自分が受け取ったとき、印字の文字と手書きの文字、どちらが気持ちが伝わりますか?

下手くそでも手書きで一生懸命書くことに意味があると思います。

結婚式だからこそ色んな方に集まって頂ける、お二人にとっては貴重な大切な1日でもあります。

日頃は伝えられない想いを、デジタルが主流の現在で、あえて“手紙”を使って伝えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です