司会やスピーチをお願いする友達は自分で決めて依頼するの?

結婚式の中で、なくてはならないのが、“司会”や“スピーチ”ですよね。

司会によって、会場の空気や流れが決まる、といっても過言ではありません。

また、スピーチなど、お話しをしていく場面も意外と多いもの。

上手い下手に関わらず、話してくれる人の性格や心情も大切にしなくてはいけません。

頼む相手や、頼み方、お礼の仕方をご紹介します。

司会は誰に頼むもの?

人前式などはまた少し変わってきますが、挙式は基本的に流れが決まっていて、特にアドリブなども必要ないので、司会もそう難しくありません。

しかし、披露宴となると、場を盛り上げたり、ちょっとしたアクシデントも気を利かせてフォローするなど、司会の役割は大変大きいものになります。

司会者は一体どう決めたらよいのでしょうか?

プロ?それとも知人?

プロに頼むべきなのか、友人に頼むべきなのか、悩む方も多いと思います。

結婚式のスタイルにもよりますが、私は司会者は是非、プロ”にお願いすべきだと思います。

例えば、お食事会やパーティ形式のカジュアルスタイルであれば、結婚式の二次会の様な雰囲気で、お友達会場のスタッフにお願いするのもよいでしょう。

けれど、一般的な披露宴を計画しているのであれば、絶対にプロの方が間違いないと思います。

ご友人や知人の方にプロの方がいらっしゃるなら、お二人をよく知っていれば、ちょっとしたアドリブや、お二人に合った雰囲気でやって頂けるのでよいかもしれません。

ただ、ご友人や知人の方にお願いしますと、やはり頼まれたご本人にとっては、お二人のご結婚式にお祝いに来た、というよりもお仕事になってしまいますので、一緒に式を楽しみたいのであれば、避けた方がいいでしょう。

また、お礼なども金額は大体相場で3万円からといいますが、経歴や技術によって変動するものですので、お礼の金額を決めるのも難しいというのもあります。

金額はご本人様に直接交渉するのが一番なのですが、提示頂いた金額よりは多少上乗せが必要ですし、中には遠慮して金額提示をしない方も多いようです。

親しいからといって、安くするのもいか程かと思う反面、高価な金額を渡し過ぎるのも気を遣わせそうだし、でもケチってると思われるのも・・・と今後の関係性まで頭を悩ませてしまう方も結構いらっしゃいます。

ホテルや専門式場など、またはレストランなどでも、結婚式のプランを用意しているところは、ほとんど司会者の手配も用意できています。

大体相場としては5万円~10万円位と、会場によって金額は変わってきます。

式場で手配している方ですと、比較的プランナーさんとも連携が取れていますし、結婚式に慣れている方が多いです。

実際、私も自身の結婚式の際は、式場で手配して頂いた司会の方で、「フリーアナウンサー」という肩書の方でした。

打ち合わせも、プランナーさんが全て手配してくれましたし、会場との打ち合わせの時に一緒にして頂けたので手間も最小限で、また流れや会場も把握しているので、安心感もありました。

進行はもちろん上手でしたし、フォローや盛り上げ方も上手だったので、大変満足しています。

あとは外注で頼む方法もあります。

式場よりも相場が安い所もありますし、お気に入りの有名アナウンサーにお願いする方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、外注ですと、交通費などが必要になる場合があったり、式場で持ち込み料がかかる場合もありますので、そういった司会料以外の費用も念頭に置き、計算しましょう。

司会料の他に「心付け」は必要?

先程書いたように、知人の方に頼むのであれば、大体提示頂いた金額に最低でも1万円位は上乗せする方がいいでしょう。

式場の司会者にお願いするのであれば、基本的にサービス料が入っていますし、式場によっては受け取れない場合もありますので、心付けは特に渡す必要がありません

ただ、特にこだわりが多くてお願い事が多いなど、またにぎやかな招待客が多くご負担を掛けそうであれば、5千円~1万円程の心付けをご用意しておくとよいでしょう。

外注の方につきましては、もし、交通費などが必要なければ、御車代として5千円~1万円位はお渡しした方がよいでしょう。

交通費が必要であれば、心付けとしてお渡ししましょう。

スピーチする場面とお願いする友人は?

招待客に依頼するスピーチの場面は主に、祝辞乾杯友人代表余興などになります。

招待客に職場の方がいたり、いなかったりで人選は大きく変わってきます。

ご友人を選ぶべき場面はどんな時でしょう。

職場?友人?誰をどう選ぶ?

招待客に職場の方がいらっしゃるのであれば、祝辞乾杯は職場の特に上司の方にお願いします。

職場の方がいらっしゃらなければ、祝辞は親族様の長的存在の方にお願いします。

乾杯も親族様でもよいのですが、恩師や特に親しい先輩やご友人にお願いしてもいいでしょう。

ただ、祝辞や乾杯は、比較的立場状の上下関係が大きく関わってきますので、仲がいいという理由で、先輩などを差し置いてお願いするのはあまり好ましくないかもしれません。

友人代表については、あなたがお祝いの言葉をもらいたい、あなたの事をよく知っている人に是非お願いして下さい。

みんなが知らないエピソードや、あなたの一面を語ってくれるような素敵な大親友を選んであげましょう。

ただし、友人代表はスピーチの上手い下手ではなく、関係性が重要とされます。

その為、大切には思っているけれど、人前や文章が苦手でやりたくないという方も結構いらっしゃいます。

どうしてもという場合は、決して無理強いはしないようにしましょう。

お願いする時は、招待状を送る前に、直接ご本人にスピーチをお願いしたい旨を伝えて、了承が得られたら、できれば招待状にも付箋カードを入れてお願いしましょう。

あとは余興をお願いした友人からお祝いの言葉を頂いたり、演出の中でサプライズでご挨拶を頂くといった場面も最近は多くあります。

その場合も、お言葉を頂戴したい気持ちはわかりますが、お願いする相手の性格や得意不得意も考慮して人選してあげましょう。

お礼は必要?

お友達へのスピーチのお礼については、「しない」という方も結構いらっしゃるようです。

親しい方にお願いする場合が多いので、後日改めてお食事に行ったり、お礼を言うだけで終わる方もいるようです。

もちろんお礼をする方もたくさんいらっしゃいますので、いくつか例をご紹介します。

お金であれば3千円~5千円が相場の様です。

ただ、比較的お金よりも、3千円位の物を買ったり、新婚旅行のお土産を少し奮発するなど、お品物でお返しする方の方が多いようです。

私は一度スピーチを依頼された時は、二次会の出席が確定していたので、二次会の会費が免除でした。

たくさんの中から友人代表として選んでくれた訳ですし、その気持ちが嬉しかったのもあって、特にお礼があるとも思わなかったので、ちょっと得した気分でした。

まとめ

親しい中にも礼儀あり」と言ったように、いくら親しい友人や知人であっても、お願いするのであれば、きちんとした誠意礼儀は大切です。

また、親しいからこそ、知人であるからこそ、今後の関係性にも関わってきますので、気を遣わなければならない事も多くあります。

お二人の結婚式ではありますが、たくさんの人に支えてもらって、力を貸して頂いて作り上げるものです。

面倒であったり、手間が掛かる事もたくさんありますが、それ故に気付ける幸せがたくさんあると思います。

誠意を持った対応を心掛けて、素敵な方を選出して下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です