会費制でアットホーム?パーティー結婚式ってどんなもの?

現代では“ナシ婚”という言葉が出来るほど、結婚式を望まないカップルも多くなっています。

また、結婚式は挙げたいけれど予算が足りないという方や、親しい人たちだけでアットホームに行いたいという方も少なくありません。

そんな方たちに人気があるのが“パーティ結婚式”と呼ばれる結婚式です。

今回はパーティ結婚式についてのあれこれをご紹介致します。

パーティ結婚式を選ぶ理由は?

パーティー結婚式を望むカップルの理由はいくつかあります。

・とにかく費用を抑えたい

・海外などで挙式をするので、お披露目だけカジュアルに行いたい

・海外のように、近親者だけでアットホームに行いたい

人前は苦手なので、主役で高砂という形ではなく、みんなで和気あいあいとできる形で行いたい

・せっかく来てくれる人の負担を、できるだけ少なくしてあげたい

など、さまざまです。

パーティ結婚式とはどんなもの?

パーティ結婚式は、披露宴と二次会の間のようなカジュアルスタイルで、よく1,5次会と言われます。

会場もホテルや専門式場で行う方も多いですが、レストランなどで行う方も多くいます。

流れとしては、新郎新婦が入場して、挨拶をして、みんなで食べたり飲んだりしながら、新郎新婦のところにお祝いにいって、という二次会の様な雰囲気が近いと思います。

司会もプロに頼むのももちろんいいですが、上手な友人などにお願いすると、さらにアットホームでよいかもしれません。

ただ、ご両親やご親族様もいらっしゃいますので、あまり内輪な若者ノリの様になりすぎない注意は必要です。

会費制

特徴的なものの一つが、“会費制”というシステムではないでしょうか。

北海道など一部の地域を除いて、一般的な結婚式は、招待客は各々で「ご祝儀」を持ち寄ります。

会費制と言うのは、その名の通り、金額を招待する側が指定し、ご祝儀袋などいは入れず、現金を受付で支払い参加するシステムになります。

親族の方や、親しい方は、会費の他にご祝儀やお祝いの品をお持ち頂くこともありますが、基本的には会費だけ持ってきて頂ければよい形になります。

会費の相場は、ご祝儀の半分位の1万5千円位が多いようです。

会費制にしますと、会場費、お料理など、基本的にかかってくる金額は会費で賄える様に計算しますので、ご祝儀制より新郎新婦さんの負担は少ない、もしくは無いというのも可能です。

ただ、演出や衣装などによって、費用はもちろん増えますので、増えた分を会費で賄うのか、自己負担にするのかは、きちんと考えなくてはいけません。

あまりに会費ですべて賄うようにしますと、カジュアルスタイルのパーティ結婚式なのに、高額になってしまい、招待客の負担や不満は増えてしまいますのでご注意を。

料理

お料理については、会費の金額にもよりますが、コース料理ブッフェスタイルになります。

衣装や、式全体の雰囲気、式の時間帯や招待客の年齢層にもよります。

基本的にはやはりブッフェスタイルの方が安くなりますが、満腹になるのは正直難しいものです。

招待状に、お料理のスタイルも記載してあげると、参列される方は各々準備しやすいかもしれません。

衣装

衣装については、特に決まりはありませんが、新郎新婦さんはあくまで主役ですから、普段着はやめましょう

新婦さんは、落ち着いたデザインのスレンダーラインなどのウエディングドレスや、ウエディングドレスではなくても、ドレスまたはできるだけフォーマルなワンピースなどを着用した方がいいと思います。

新郎さんは、タキシードか、少なくともスーツは着用しましょう。

夏でしたら、ベストなどでもよいですが、ピシッとした服装を心掛けましょう。

また、会場や新郎新婦さんの衣装に合わせて、招待客のドレスコード招待状に一緒に記載してあげるとよいでしょう。

パーティ結婚式がどんなものかわからない方もいらっしゃいますし、どこまでカジュアルなのか、参加する側は悩む方も多いものです。

カジュアルなのかフォーマルなのか記載があるだけで、安心できると思いますよ。

演出

演出も特に決まりがありません。

あまり本格的に詰め込み過ぎると、費用は多くなりますし、カジュアルスタイルの意味もなくなってしまいます。

かといって、全く見せ場がないと、ただのお食事会になってしまいますので、最低でも2つ位は盛り込んだ方がいいでしょう。

一番定番で行いやすいのが、ケーキカットファストバイトです。

披露宴でも定番ですが、盛り上がりもありますし、写真も撮れますし、ケーキもみんなに振る舞えますのでオススメです。

ご両親などと一緒に行うのもあたたかみがあって、素敵ですよね。

あとは、二次会の様にビンゴなど、誰もが参加できる簡単なゲームを一つ盛り込むと盛り上がります。

またご両親への手紙も、ご両親はもちろん、意外と列席者は楽しみにしているものです。

カジュアルといってもきちんとした、お披露目や感謝の場でもありますから、演出もある程度は意識しましょうね。

私が体験したパーティ結婚式

5年ほど前でしょうか。

会社の先輩が神前式と披露宴を身内のみで行い、職場や友人に、お披露目の場としてパーティ結婚式を行いました。

人数は50名前後だったと思います。

会場はアジアリゾート風なレストランでした。

会費制でしたが、金額はブッフェスタイルだったのと、仕事関係で知人のレストランだったのでちょっと特殊ですが、1万円弱だったと思います。

ドレスコードもカジュアルだったので、ちょっとしたおしゃれをした感じで皆さん参加していました。

新郎新婦さんの挨拶から始まり、食事をしながら新郎新婦さんのところへご挨拶にいったりと、のんびりとした時間でした。

途中、受付で渡した、自分の携帯番号を書いた紙の入ったくじ引きの箱から、新郎新婦がそれぞれ紙を引いて、書かれた番号にその場で電話をするというゲームがありました。

当たった人は景品をもらい、挨拶をするといったゲームで、とても盛り上がりました。

ご親族がいらっしゃらなかったので、かなりカジュアルタイプのパーティ結婚式でしたが、気軽に参加できるので、招待客の線引きも深く考えなくてよいと言っていました。

まとめ

結婚式にあまり気が進まないお二人も、結婚式をしないとなると、後々ご挨拶にあれこれ回ったり、結婚式をしておけばよかったと後悔したりする声は結構多く聞きます。

あまりにかしこまらず、けれど親族から職場、友人まで呼んでお披露目もできるパーティ結婚式は、かなり敷居が低いのではないでしょうか。

また、アットホームに招待客との距離を近くに感じたいお二人にもうってつけだと思います。

どんな理由にしても、一生に一度の節目の一つである結婚式が、比較的手軽にできるパーティ結婚式

招待客も気兼ねなく楽しく参加できるように、ある程度のきちっと感と、パーティスタイルのご案内は是非お忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です