演出にこだわる個性派さん必見!変わり種結婚式のアイディア紹介

結婚式をする事が決まったら、まず最初に考えるが、結婚式のテーマイメージではないでしょうか。

王道で行くのか、趣味を前面にだすのか、とにかく豪華絢爛を意識するのか、ゲスト参加型を意識するのか、さまざまですよね。

今回は、個性的で変わり種の結婚式やアイディアをいくつかご紹介します。

御神輿登場?!の変わり種結婚式

色々な結婚式を体験しましたが、印象深く、こだわりがたくさん見えた結婚式を一つ紹介します。

新婦友人として参加したのですが、友人はパーティや海外旅行などが大好きで、流行にも敏感でお祭りごとも大好き、家族や友人など周囲の人達をとても大切にする子です。

挙式自体は、神前式を神宮で親族のみで行い、式場には人力車で登場。

会場はホテルだったので、入り口で皆でお出迎えしました。

受付ではチェキ(インスタントカメラ)で写真を撮ってもらい、それにメッセージを書いて渡すという演出もありました。

披露宴では、挙式時の綿帽子を外して和髪(かつら)で入場。

メニュー表は和にこだわって、また、節約も兼ね、手作りでした。

さらに、飲み放題のドリンクとは別に、新郎のお母さま手作りの姫リンゴのお酒を皆様に1口ずつ振る舞っていました。

来てくれた人達に感謝の意味も込めて、お料理はこだわりたい!との事で、料理は最上ランク

トリュフにフォアグラ、大間のマグロと高級食材の数々に、ドライアイスでモクモクと煙の立ち込める演出の器など、びっくりするものばかりでした。

そして、お色直しで再入場は、なんとねじり鉢巻きに半被姿。

さらに大きな御神輿が登場し、二人が御神輿の上で扇子を仰いで、会場内を行ったり来たり。

実は新郎新婦は地元で御神輿を担ぐお祭りで出会ったのです。

もちろん、御神輿も担ぐ仲間もお二人のお知り合い。

掛け声と熱気もすごく、会場が揺れるほどでした。

そして御神輿が終わって新郎新婦もそのまま退場。

再々入場は、インターネットでフルオーダーメイドしたというウエディングドレス姿でした。

新郎が先に入場して高砂横で待ち、新婦が親戚の子供達にベールを持ってもらって、新郎の元へ入場。

チャペル式を思わせるような、厳粛な雰囲気でした。

両親への手紙も、賞状という形で行い、新婦はもちろん新郎も読みました。

そして贈り物と花束と一緒に賞状を授与しました。

他にもケーキカットと、キャンドルサービスは色が変わって光る液体で行いましたが、正直、御神輿のインパクトが強くてあまり覚えていません。

費用的には、料理に一番力を入れたようでしたが、ドレスもフルオーダーでもレンタルとさほど変わらない言ってましたし、上手に節約しながら行ったようでした。

列席した側としても、豪華といった印象で、どこで節約したのかも全然わからない位上手にやりくりしていました。

とにかく友人らしい演出やこだわりの数々で、親しい友人というのもありますが、とにかくインパクトの大きい、変わり種結婚式でした。

変わり種結婚式アイディア

せっかくの一生に一度の結婚式を、インパクトがあってこだわりあるものにしたい方も多いはずです。

そんな方にオススメの、ちょっと変わった演出などのアイディアをご紹介します。

アレンジ次第で、さらにあなたらしい演出に変身できるかも?!

会場

今や会場も、ホテルや専門式場だけには留まりません。

有名テーマパークはもちろん、水族館の水槽のトンネル内や、展望台など挙式を提案する場所も多数あります。

季節もので言えば、氷でできたチャペルなど、イベント内で期間限定で行える特別感あるものもあります。

ただし、珍しい場所で行うにはそれなりにリスクがありますのでご注意下さい。

例えば水族館や展望台といった所は、開館前や閉館後などに限られる場合も多いので、朝早かったり時間が合わせにくい場合も。

また、時間が合わせられても、周りに人がたくさんで落ち着かない、といった場合もあります。

費用などと一緒に細かい下調べもお忘れなく。

手作りアイテム

個性的であったり、ユニークなものにしたいのであれば、やはり手作りが一番でしょう。

ただ、統一感がないと雑然としたイメージになってしまいますので、テーマを決める事。

例えば、海賊と決めたなら、ウェルカムボードを某映画のパロディーにして、席次表は宝の地図風、席の名前も宝石の名前などにすると、楽しいですよね。

演出

変わり種でインパクトを残すのであれば、やはり演出でしょう。

挙式においては、変わり種にするのであれば、人前式でしょう。

神様ではなく、列席者の皆様を証人に愛を誓うものですから、決まった形式はありません。

二人の約束事をたてたり、誓いの言葉を言ってくれる友人を見つけたり、参加型の挙式が作れます。

また、最近では定番化しつつある、ブーケトスの男性版「ブロッコリートス」は、私も見た事ありますが、オススメです。

その名の通り、ブーケトスは女性で行い、未婚男性に新郎が花束に見立てたブロッコリーを投げます。

見事キャッチした人には、マヨネーズもプレゼント。

男性は女性よりもはっちゃけて参加してくれるので、盛り上がりますよ。

披露宴については、先程書いたような、二人の出会いや趣味を生かした演出があれば、二人らしさもでて、オリジナルも出ると思います。

ただ、演出を盛り込み過ぎると、時間がかかりますし、その分料金も加算されます。

費用を気にされるのであれば、入場などの演出にこだわるといいでしょう。

例えば、前撮りの時などに、メイクルームから挙式会場に向かっている感じでムービーを撮っておきます。

当日、いよいよ再入場と言った時に、あたかも生中継風に司会者にアナウンスしてもらい、会場前に着いた映像が終わった瞬間に入場。

臨場感とドキドキ感があって盛り上がりますが、前撮りと撮ってもらう人が必要になります。

また、たまに、新郎新婦が歌を歌いながら入場、といった変わり種演出を行う方もいますが、あまり自己主張をしすぎますと、列席者は正直引いてしまいますので要注意です。

あとは、こちらも最近ではメジャーになったフラッシュモブ

噂には聞いていましたが、一度体験しました。

披露宴終盤、会場の後ろで集合写真を撮るとのアナウンスで移動。

脚立の上に座ったカメラマンさんが、写真を撮る誘導をしていたと思ったら、流れている音楽に次第に乗りだし踊りだします。

すると周りのホテルスタッフ(実はダンサーでしたが)が踊りだし、新郎の友人が踊りだし、新郎が踊りだし、最後に新婦に花束と感謝の言葉。

サプライズの新婦は嬉し恥ずかしで、幸せいっぱいといった感じでしたよ。

散々、聞いてはいたし、動画など見た事はあったものの、実物はやっぱり感動しましたし、インパクトも大でした。

新郎、もしくは新婦さん、こっそり練習する価値はあるかもしれません。

まとめ

現代では、結婚式を挙げないカップルも多いといいますが、やはり挙げる人もたくさんいます。

たくさんいるからこそ、何度も参加してるのでマンネリしてしまうのが嫌、人とかぶりたくない、と思いますよね。

でも、他と違うからいいものでもありませんし、個性や変わり種にこだわりすぎて、自己満足の式にしてしまっては、インパクト違いになってしまいます。

列席者の方に感謝を込めておもてなしする」「自分達を紹介できる」という事を忘れずに、お二人らしさが光る結婚式を作ってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です