結婚式をやりたくない?!急増中の“ナシ婚”の原因とは?

結婚式といえば、女性の憧れであり、誰もが抱くであり、結婚するなら当たり前の事。

と言うのは、もはや一昔の考えなのでしょうか。

現代では“ナシ婚”という呼び名がつく程、結婚式を行わない夫婦が急増しているようです。

では、何故、結婚式を行わないのか。

ナシ婚、急増の訳とは?!

そもそも結婚式が“したくない”

お金がなくて、結婚式がしたくてもできない、という話は聞いたことがあります。

ウェディングドレスだけでも着せてあげたい、なんてセリフもよく聞きますよね。

でも、結婚式ができない訳ではなく、結婚式をしない、と言うよりも「したくない」という人が増えているようです。

そもそも結婚式は、お嫁さんの為にやってあげたいと思う男性が多いもの。

特にやってもやらなくてもどっちでもいい、と思う男性は半数位いると考えられます。

しかし驚くことに、女性が結婚式をしたくない、という場合も多いとか。

とは言っても、やはりご両親は結婚式をして欲しい、花嫁姿が見たい、という方が多いもの。

「二人が決めた事だから。」と言葉にしても、内心は子供の結婚式を夢見ていたものだと思います。

そんな狭間に立って、なおさら苦しくて、泣いてしまった・・・という方がいる程、嫌だとか。

「結婚はしたいけど、結婚式はどうしてもしたくない!」

「どうしてしなくちゃいけないの?!」など、一体なぜ現代の人達は結婚式を嫌うのでしょうか。

結婚式がしたくない原因

結婚式がしたくない原因は、いくつかあるようです。

なるほどね、と思うものから、現代っぽいなぁ、と意外な理由までさまざまです。

結婚式って、確かに準備が大変だったり、招待客の人間関係を考えたり、親戚関係に左右されたり、大変な事が多く感じるのも確かです。

一体どんな原因があるのかいくつかご紹介致します。

一番多い、現実シビアなお金問題

やはり一番の原因は“お金”です。

結婚式はお金がかかるのは必然です。

たった1日の数時間の為に、大金を掛ける必要があるのか。

そんなお金もないし、だったら新生活新婚旅行にまわしたい。

と、いう現実的な意見が1番多いようです。

また、同じ“お金”でも、自分達のお金ではなく、招待客のお金を心配する声も多かったのが意外でした。

わざわざ自分達の為に、大金を出して来て頂くのが申し訳ない、という考えのようです。

面倒くさい

確かに、結婚式は、たった1日の為に、たくさんの打ち合わせをして、準備をして大変です。

また、職場や親族、友人など、招待客の線引きをしたり、席順を考えたりと、人間関係も考えなくてはいけません。

これから新婚生活を謳歌したいのに、最初に結婚式でいっぱいいっぱいで、喧嘩もするかもしれないなら、やらなくてもいい。

結婚式なんてやらなくても幸せ、結婚式よりこれからの生活の事を考えたい、なんて意見もあるようです。

切っても切れない親族関係

結婚はお二人が結ばれる為のものですが、同時に両家が結ばれるものでもあります。

そもそも両親の仲が悪いや、親の口出しがひどい、両家がうまくいってないなど、考えるのがしんどくなって、ナシ婚を切望する方も多いようです。

けれど、結婚式をしたくない、と相談する事で、またさらに意見の衝突がヒートアップ

「結婚するなら結婚式をするのが当然」「親戚に顔が立たない」などなど。

これが原因でさらに結婚式が嫌になってしまったり・・・。

この問題は、本当にいつの世も離して考えられない難しい問題ですよね。

とにかく恥ずかしい

「大勢の前で主役なんて、晒し者みたいで絶対嫌!」という声も多いようです。

確かに控えめであったり、派手な事が苦手な方からしたら、苦痛なのかもしれません・・・。

そして、驚きなのが、ウェディングドレスを着たくないという女性が多い事。

自分の容姿を気にする方もいれば、そもそもドレスに興味がないという声も。

また、「ドレスは着てみたいけど、見られるのは嫌」という方もいらっしゃいました。

社会現象ともいえる、SNSが原因?!

驚いた原因の一つが「SNS」でした。

SNSでは、勝手に写真を載せられてしまうので、恥ずかしいという意見や、招待客を選んだ時に、呼べなかった人に内緒にしていてもすぐバレてしまう、という意見もありました。

また、SNS上で、自分の結婚式の自慢合戦みたいになっているので、そこに参戦しなければならない感じで面倒くさい、なんて意見も。

みんなで共有できる場であるが故の、現代ならではの理由だなと感じました。

呼べる人がいない

呼びたい人も少ないし、わざわざ来てもらうのも悪いから誘いにくいし、だったら別にやらなくてもいいや、という意見もあります。

また、どちらか一方が多くて、一方が少なくて、バランスが悪くなってしまうから、招待客の線引きも難しいなどもありました。

離婚したら恥ずかしい

これはびっくりした原因でしたが、現代の象徴でもあるのかもしれません。

あんまりお金を掛けて、派手にやって、もしも離婚したら恥ずかしい、という意見が意外とあった事にびっくりしました。

結婚する、した直後にそう考えてしまうのは、やはり離婚率の増加により、離婚が身近になってしまっているからでしょうか。

でも実際に、結婚式に列席したら、もう離婚が決まってると聞かされたという話もあるので、そこはシビアになってしまうのかもしれません。

 まとめ

結婚式をしたくない原因を見てみると、現実的シビアな考えが多いと感じました。

それと、大切な事ではあるのですが、招待客など周囲の配慮や、視線を非常に気にしているように感じました。

優しいなぁと感じる反面、SNSなどで情報化が拡散している為、いい事も、そしてそれ以上に悪い意見も入ってきてしまう、現代ならではの価値観なのかもしれません。

また、現代では親戚付き合い、近所付き合いなど、深い人間付き合いはどんどん軽薄になっています。

その為、大人数で行う結婚式などは、古めかしい風習というような受け止め方をする若者も少なくないのかもしれません。

でも、実際、最初はいやいやで行った結婚式でも、やってよかったと感じる方は、8割を超えたというデータもあるようです。

親の為にと思ってやったら、泣いて喜んでくれた。

子供が出来た時に、結婚式の写真を見せられてよかった。

結婚式をした事で、結婚をしたという実感と責任を感じられた。

みんなが祝福してくれて、あんな体験は結婚式でしかできない、幸せだった。

など、やってよかったと思える方の方が断然多いようです。

もちろん、夫婦の形も、考え方も人それぞれです。

絶対にやるべきとはいいませんが、結婚式を経験した身として、結婚式関連の仕事で多くのカップルを見てきた経験として、結婚式はやった方がいいと自信をもってオススメ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です