オリジナルアイテムで手作り結婚式のススメ!手作りって本当に節約になるの?

結婚式は一生に一度の大切な一日です。

その為、オリジナリティを出したり、来て頂く皆様に感謝を伝えたり、サプライズをしたり、気持ちの込めたものにしたいですよね。

また、あれこれやりたい事はたくさんあるけれど、一つ一つの予算が高い・・・なんて悩みもあると思います。

そこで、オリジナリティがあって、節約も可能な「手作り」について、ご紹介したいと思います。

手作り結婚式とは?

“手作り”と言っても、結婚式の規模や、準備する時間や、お二人の希望によって様々です。

一から全てオリジナルの手作りにするとなると、ある程度の知識技術人材がないと難しいでしょう。

また、すべて流れを変えてしまうと、招待された人も戸惑ってしますので、ベースはきちんと残しておくのがベターだと思います。

そして、それなりの規模の結婚式を行うのであれば、司会だけはプロに頼むことをオススメ致します。

知人の方で上手な方がいらっしゃっても、大人数でかしこまった舞台を取り仕切るのは、ちょっと苦しいかと思います。

進行がグダグダになってしまうと、すべて台無しになってしまいますし、頼まれた方もとても辛いお気持ちになると思います。

やはりせっかく来て頂くのであれば、ゆっくりして頂くのが一番でしょうし、司会進行がきちっとしているだけで、ちょっとしたミスも、ある程度ご愛嬌で済むことも多いはずです。

もしすべてのオリジナルにこだわるのであれば、少人数のパーティー形式がオススメです。

融通も利きますし、一つ一つの準備も手の込んだものができるでしょう。

披露宴と二次会が合わさった様なイメージを持っていただくとよいでしょう。

親しい中でのアットホームな形であれば、司会なども知人にお願いすると、本当に知っている人達だけなので、大いに盛り上がるかもしれません。

手作りできるものとは?

式の全てを手作りするのは難しいですが、一つでも二つでも、ご自身で可能な範囲で手作りをいれるだけで、随分と印象は変わります。

一体どんなものが手作りできるのか、そもそもどんな物が必要なのか。

誰でも取り入れやすい手作りアイテムや、オリジナルで作れる人前式をご紹介したいと思います。

手作りアイテム

どの方でも取り入れやすいものは、やはり「手作りアイテム」でしょう。

一番手軽で多いのは、招待状席札席次表などのペーパーアイテムです。

ある程度形式がわかれば、手書きでもパソコンでも、比較的簡単に作れます。

その他では、招待客を一番にお出迎えするウェルカムボードウェルカムアイテムサンクスギフトもオリジナルを出しやすいでしょう。

ウェルカムアイテムとして、思い出のアルバムや二人のプロフィールなど、また、ゲストにメッセージを書いてもらうノートやカードを手作りして置く方も多いようですよ。

また手作りキットなどが多い、リングピローウェルカムドール、ご両親にお渡しするウエイトドールなども人気があります。

上級者であれば、ウエディングケーキウェディングドレスなどを手作りする方もいらっしゃいます。

ドレスとはいかなくても、髪飾りなどは個性を出しやすいですし、レンタルや売っているものでは中々気に入ったものが見つからない、といったこだわりの方が作ったりする話もよく聞きます。

人前式

挙式を手作りしたいなら、「人前式」がピッタリだと思います。

チャペル式神前式は、形は違えど、“神様”に二人の愛を誓うものです。

ですので、神父さんや神主さまをたてて、決まった形式や言葉で式を執り行います。

人前式とは、列席している親族や友人達を証人として、二人の愛を誓います。

その誓い方も、オリジナルで考えて決めるので、オリジナリティが満載ですし、ユーモアがあるのも特徴です。

例えば、結婚後の10の約束をお互いに読み合って誓う。

「休みの日はデートに連れていきます。」「毎日愛情を込めてご飯を作ります。」「一生名前で呼び合います」など。

新郎新婦側から一人ずつ代表者をたて、それぞれの紹介を添えてから、愛を誓う言葉を投げかけてもらい、愛の誓いをたてる

「〇〇くんとは高校時代からの同級生で、昔から優しくて・・・二人で幸せな家庭を築いていくことを誓いますか?」「はい、誓います。」のような感じです。

こちらもあまりに詰め込みすぎたり、流れがバラバラだと、グダグダしてしまうので、ベースをきちんと決め、司会をたてることをオススメします。

手作りは本当に節約になるの?

結婚式の費用はとても気になるし、重要ですよね。

何か一つ追加するごとに、単価は高いですし、できるだけ費用は抑えたい・・・だから手作りで節約を!と考えている方も多いと思います。

でも、手作りの仕方によっては高くついてしまう場合も結構あるのです。

例えば、手作りアイテムですが、ものによっては「持ち込み料」がかかります。

個数によって掛かる場合もありますし、持ち込み料も安いものではありませんので、注意が必要です。

比較的ペーパーアイテムは持ち込み料が掛からないところが多い印象があります。

また、手作りの材料によっても、断然手作りの方が高くなってしまう場合があります。

例えば招待状一つでも、それぞれにこだわりが強くなれば、材料費が高くなります。

招待状は人数分かかりますので、どんどん金額が上がりますし、もし持ち込み料が掛かれば、時間も費用もかかる一方になってしまいます。

かと言って、費用にとらわれすぎて、安いものばかり選んでいては、せっかくのお祝いのものなのに、安っぽくて残念なものになってしまいます。

手作りアイテムの作る際には、材料選びが決め手になります。

挙式については、人前式であれば、神父さんや神主さんをたてなくてよいので、司会をたてたとしても、節約できるかと思います。

ただ、使用する会場費は必要になりますし、人前式ができないところもありますので、事前に確認が必要です。

また、余談ですが、列席した人前式で、これは素敵なアイディアだなぁと思った演出があったのでご紹介しますね。

ブーケトスの際のブーケは、基本的に花嫁さんが持つものとは別に用意しなければなりません。

その人前式では、バージンロード横に背の高いスタンド並び、花束がさしてありました。

人前式後に、式場スタッフさんが、その花束からいい感じにお花を抜いて一つの花束を作り、それをブーケトスの際に投げたのです。

お花代としてしか費用はかかりませんし、何が起こるのかというワクワク感もあったので、すごく良いアイディアだと感心しました。

また、ブーケの由来は、プロポーズする新郎が新婦の元に向かう途中で、花を摘んで花束を作り、プロポーズの際に渡したものが最初と言われています。

新郎の胸のブートニアは、神父がプロポーズのイエスの答えとして、その花束から1本花を抜いて胸にさしたものだと言われています。

その由来を知っていたかはわかりませんが、そんなイメージも湧かせてくれる素敵な演出でした。

まとめ

手作りは、時間もかかりますので、簡単ではありません。

でも世界に一つだけであり、気持ちが込められる素敵なものですよね。

オリジナルを求めてなのか、節約を求めてなのか、それぞれ思いは違っても、素敵な結婚式を作りたい気持ちには変わりはないと思います。

手作りをするならば、まず、流れや必要なものなど、基本をきちんと知ることです。

そして、二人がどんな想いで、どんな結婚式を作りたいかという事を、整理してみましょう。

あまりに意気込んで無理する必要はありません。

あなたにあった素敵な手作りの形を見つけてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です