重要!結婚式の衣装をスムーズに選べる即決ポイントはここ!

結婚式をするにあたって、決めなくちゃいけないことはいっぱいありますよね。

中でも一番新婦が悩むものの一つが、衣装ではないでしょうか。

しかも悩むのにもかかわらず、早めに決めないと他の準備が滞るんですよね。

人気のある衣装は別の新婦さんに押さえられてしまう可能性もありますし、衣装に合わせて会場装花やテーブルクロスの色合いもコーディネートしたいですしね。

そこで、自分に似合う衣裳をスマートに決めるためのポイントをお教えします。

和装 or 洋装

一番初めに決めたいのが、和装にするか洋装にするかということです。

和装なら白無垢や色打ち掛け、洋装ならウエディングドレスやカラードレスといったように、どちらを式にとるかで内容も大きく変わってきます。

私は、式場のプランでカラードレスが安く借りられたこと和装より洋装の方が身動きがとりやすそうだと思ったことから、挙式と披露宴はウエディングドレスとカラードレスを着用しました。

ただ、和装も捨てがたかったので、色打ち掛けで前撮りをしましたね。

前撮りをすれば写真は残せますし、当日に着られない衣装を前撮りで写真に残すというのもおすすめの方法ですよ。

 パーソナルカラー

似合う色というのは、人それぞれ違うものです。

どうしてもコレが良いというドレスがすぐ決まる方はそれでいいのですが、どんな色の衣装を着るか迷ってしまうという方にお勧めなのが、パーソナルカラー診断を受けること。

百貨店でもやっていますし、パーソナルカラーを診断してくれる会社もあります。

自分のパーソナルカラーに合ったドレスを着ると、本当に魅力がアップすると思います。

ウエディングドレス一つをとっても、純白なウエディングドレスが似合う人とオフホワイトのウエディングドレスが似合う人がいるんです。

ちなみに私はオフホワイトの方が似合うタイプだったので、オフホワイトのウエディングドレスを選びました。

 骨格診断

洋装の場合、骨格診断も受けておくと、自分の体型に似合うドレスのタイプが分かります。

フリルがたっぷりのドレスが似合うのか、シンプルなAラインが似合うのかなどの参考になりますので、是非調べてみることをお勧めします。

いかがでしたか?ぜひ衣装選びの参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です