スピーチをお願いする上司の選び方と失礼のない依頼とお礼の仕方

結婚式の準備にあたって、招待客に関することは本当に難しいと思います。

まず、招待客をどこからどこまで人選するのかは、本当に頭を悩ませます。

たった一度きりの結婚式でも、ちょっとしたきっかけで、なんだか気まずい人間関係ができてしまったり・・・。

その中でも今回は、「スピーチ」を“上司”にお願いする場合の、失敗しない選び方依頼の方法をご紹介します。

結婚式でのスピーチが必要な場面とスピーチする人

結婚式でスピーチが必要な場面は、式の前半にある、祝辞乾杯

中盤にある友人によるスピーチ余興

後半にある新郎や新郎父による挨拶、が一般的でしょう。

中でも、職場の上司にお願いするものは、前半の「祝辞」と「乾杯」です。

時間は祝辞が約分程度、乾杯は分程度が目安になります。

また、「余興」としてお願いする場合もあります。

こちらも大体分程度になります。

スピーチをお願いする上司の選び方

スピーチと言っても、一体どんなものがあるのか、いくつも結婚式を出ていでも意外と思い浮かばなかったりしますよね。

また、どんな人がスピーチしていたのか、「確か、会社の偉い人?」位の印象しかなかったりします。

主に会社の上司にお願いするスピーチと、そのスピーチをする上司の選び方をご紹介致します。

祝辞

祝辞は“主賓(しゅひん)”にお願いします。

主賓とは来賓(招待客)の中で一番立場が上の方になります。

席も、一番上座のよい席をご用意しなければなりません。

新郎・新婦側から各名ずつ選出するのが一般的です。

最近では新郎側の主賓の方よりご祝辞、新婦側の方より乾杯と1名ずつお選びする方もいらっしゃいます。

主賓の選び方ですが、職場の方の場合は、招待した中で最も地位(役職)が上の方にお願いするのが基本です。

お勤めをされていない場合は、ご親族の中か、もしくは恩師などからお選びいただくとよいでしょう。

祝辞の内容については、新郎新婦それぞれのエピソードやご紹介を、お祝いの言葉に添えてして頂きます。

その為、本当はお二人をよく知る、身近な上司にお願いしたい気持ちもありますが、ここは立場優先になります。

自分の好きな上司にお願いしたいから、招待客をその上司が一番になるように調整しよう!と思っても、その後の人間関係が気まずくなってしまう場合もありますので、招待する範囲は慎重に選んで下さいね。

また、私も偶然にも2回ほど経験があるのですが、結婚式直前に異動になってしまった場合、必然的に上司も変わってしまいます。

祝辞も正直、エピソードを絞りだすのが精一杯といった印象でしたが、ここは「立場優先」になりますので、くれぐれもご注意下さい。

乾杯

乾杯はもちろん、名様で、お祝いの言葉と乾杯のご発声をお願いします。

こちらは基本的には主賓の次の地位(役職)の方にお願いします。

また、乾杯のご発声もありますので、もし2番目でなくても、役職者の方で盛り上げ上手な方や、大変お世話になった直属の上司さんなどがいらっしゃいましたら、その方にお願いしてもよいかもしれません。

その際は、お願いした方より上の役職者の方に、一言ご挨拶ができると、お互い気持ちよくいられると思います。

皆さん、同じ職場であれば、盛り上げ上手であったり、直属の上司である事はわかっていても、お願いしたご本人から一言あるかないかで印象は随分変わってきます。

また、もしそういった立場上を返上する場合は、職場のルールや関係性も大いに関わってきますので、自己判断で決定せず、上司の方などに必ずその旨をご相談しましょう。

余興

祝辞や乾杯でお願いできなかったけれど、ぜひお言葉を頂きたい方がいらっしゃいましたら、余興でお願いしてもよいでしょう。

あらかじめお願いしておくのもよいですし、近年ではサプライズとして、突然指名するというのもよくみかけます。

ただ、サプライズですと人柄や、お二人との関係性によっては、お願いした方が困惑してしまう場合がありますので、きちんと指名する方のお気持ちを配慮して考えてみましょう。

スピーチの依頼の仕方とお礼

スピーチをお願いする人が決まっても、では、いつ、どんなタイミングでどんな風にお願いしたらいいのか、わからないものですよね。

また、大役をかって下さり、準備して頂いたのですから、きちんとしたお礼もしなくてはなりません。

失礼のないように、「ぜひやってあげたい!」「やってよかった!」と思って頂ける様な依頼お礼の方法をお伝えします。

依頼

祝辞や乾杯は、あらかじめ先方にお願いしておくのが、礼儀になります。

必ず、招待状を出す前(3か月前位)に、お二人揃って直接会ってお願いしましょう。

直接会うのが難しければ、お電話やお手紙、場合によってはメールでもよいでしょう。

服装はできるだけフォーマルに近い装いでいきましょう。

まずは、結婚報告をします。

続いて、結婚式の報告出席頂けるか確認します。

出席頂ける様でしたら、主賓として列席頂けるかどうかのお願いをします。

主賓の了承が頂けましたら、さらに祝辞をお願いできるか確認しましょう。

招待状はこの時に手渡しで渡せるといいですね。

招待状には、出席のご返事を直接頂いていても、必ず返信用のハガキは入れておきましょう。

また、主賓で列席頂く事、ご祝辞を賜ることをお願いする付箋(カード)をそれぞれ用意して一緒に入れておきます。

封筒の表書きはお名前のみで住所は必要ありません。

また封は糊付けしないでお渡ししましょう。

乾杯の場合は、主賓のお願いがないだけで、他は全て同じです。

お礼

お礼はスピーチ代を含め、御車代として最低でも万円お包みします。

披露宴開始前か、披露宴中に、それぞれのご両親から、ご挨拶を兼ねてそっとお渡し頂くのがよいでしょう。

また、結婚式が終わって少し落ち着いたら、お二人揃って改めてお礼のご挨拶に行けると、なおいいですね。

まとめ

結婚式の招待客などは、お二人だけでなく、ご両家のご両親にも大きく関わってきます。

主賓は来賓の中で一番上となりますが、職場の方か、親族の方のどちらかが一般的です。

今回は、上司としてご紹介しましたが、例えばご招待客の中で、政治家さんがいらっしゃる場合は、社会的地位と考え、上司よりもそちらを優先しなければならない場合もあります。

そういった兼ね合いから、招待客に関わる事についてはまず、ご両親とよくご相談して頂くことをおすすめ致します。

それから、職場関係も必ず、身近な上司さんにご相談して下さい。

結婚式は一度ですが、前後の人間関係が、ちょっとした事でぎくしゃくしてしまう事もあります。

準備は大変でお忙しいかと思いますが、せっかくの結婚式が皆様に祝福して頂ける素敵なものになるように、丁寧な対応を心掛けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です