結婚式のプロフィールビデオ。低コストな“セルフ作成”のすすめ

結婚式で、お互いの大切なゲストに、二人のことを知ってもらう動画が「プロフィールビデオ」です。

特に相手側のゲストの中には、その日初めて会う方もいますし、視覚的に自分達のこれまでを理解してもらうにはプロフィールビデオはうってつけ。

また、結婚式にきてくれたゲストとの思い出やつながりを振り返るものにもなるのでおすすめです。


プロフィールビデオの準備

food-couple-sweet-married

結婚式のプロフィールビデオは、専門に作ってくれる業者があります。

最近では、オープニングビデオやエンドロールの作成も一緒に、リーズナブルな値段で請け負ってくれる会社もあります。

しかし、オリジナルにこだわっていた私たちはプロフィールビデオはセルフで作ることにしました。

依頼したとしても、写真を吟味しコメントを考えるところまでは自分達で行うのです。

ムービーメーカーやi movieなど、パソコンに入ったソフトがあれば編集は難しくありません。

だったら最後の修正まで、自分達で作ろうと考えました。

そのかわり、エンドロールだけ業者にお願いすることにしました。

披露宴中の様子を、写真・ビデオに撮ってそれを流すタイプのエンドロールを希望していたので、これは、プロにお任せした方が良いと思ったからです。

これは、式場を通してもやってもらうことができるのですが、そうすると費用が割高だったため、外部に委託することにしました。

外部に委託する際は、撮影をしてくれる会社を見つけ、早めの予約をお薦めします。

サンプル動画が素敵なところ、評判のよいところは早く埋まってしまいます。

プロフィールビデオの作成

結婚式のプロフィールビデオで伝えたい事は「感謝」。

「あなたがいて、あの日々があったから、今の私がいる」

というメッセージでした。

使いたい曲と方向性は決まっていましたから、あとは、写真に言葉をのせて編集していきました。

難しい技術は使っていません。

自分で描いたイラストは、写真にして取り込みパラパラ動画にして、折り込みました。

とにかく、見ている人に分かりやすいプロフィールビデオを意識しました。

文字数や写真の表示時間に気を付けながら、ネットで様々な人のプロフィールビデオを見て参考にし、良いアイディアは取り入れました。

私たちは、使う曲に特に想いを込めていたので、いいところで一番大事な歌詞が流れるようにし、その部分の歌詞も一緒に表示されるようにしました。

自分で言うのもなんですが、効果的だったかな、と思っています。

セルフで作成するメリットは、出費も押さえられ、オリジナル感を出せることです。

結婚式のプロフィールビデオをどうするか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です