結婚式の披露宴。テーマは新郎新婦が大好きなディズニーで!

ディズニーが大好きだった私達の結婚式。

本当はディズニーリゾートでの挙式が憧れでしたが、遠方なのと費用的にも夢のまた夢・・・

そういうわけで、自分達で出来る限り、ディズニーの要素が満載の挙式&披露宴をしよう!ということになりました。

手作りアイテムで会場をデコレーション

couple-260899_960_720

まずは、自分達でコーディネートや飾り付けのできる会場を選びました。

ペーパーアイテム、ムービー、ブーケ&ブートニア、小花にカットしたフラワーシャワー等、全てディズニーをテーマにし、準備する物のうち、手作り出来るものは全て自分達の手で製作しました

シンデレラのウエディングドレス

ウエディングドレスのテーマはシンデレラ

披露宴で座ることを考え、バストアップの細工が綺麗なビスチェタイプのAラインドレスを選びました。

カラーはシャンパンホワイト。

胸元は幾重にも折り重なった厚めの生地でボリュームがあり、ビジューが付いたとても華やかなものでしたが、クラシックなデザインだったので、シンデレラのロイヤルマリッジをイメージ出来たと思います。

また、ゲストに意外と注目されるバックスタイルには、大きなリボンが着いており、後ろ姿も華やかに魅せることができました。

合わせたアクセサリーはディズニーとは少し逸れますが、憧れの映画「ローマの休日」でアン王女が使用していたネックレスとピアスのレプリカを購入し着用しました。

ドレスに合わせたヘアスタイル

ウェディングドレスでは、シンデレラのイメージに合わせ高めのアップスタイルにしました。

スタイリストさんに無理を言い、かなりボリュームのある高さに挑戦して頂きました。

カラードレスは、サーモンピンクとオレンジのオーガンジーが波のように重なったビスチェタイプのエンパイアドレスで、花のコサージュが腰元と裾に大きくあしらわれています。

これに合わせるヘアスタイルに悩みましたが、丁度その時公開されていた「塔の上のラプンツェル」三つ編みヘアスタイルに決定。

腰元までの太めの長い三つ編みに細い金髪の三つ編みを絡め、ガーベラやダリアなどの生花を三つ編みに飾り付け、カラードレスの色合いともばっちりになりました。

使ったウィッグは特注で8000円ほどで、しかもとっても重かったのですが、映画が大ヒットしたおかげでゲストの方にもとても好評でした。

次の日、肩と背中が筋肉痛になったのも、またひとつのいい思い出となっています。

ディズニーソングと演出

新郎新婦の入場から、会食中のBGM、ムービーで使用した曲、エンディングまで、結婚式で使用する曲は全てディズニーソングにしました。

オリジナルの原曲そのまま使ったものもあれば、ロックテイストやジャズテイストのアレンジやカバー曲も使用。

映画の曲だけでなく、ディズニーランドで使用されている曲も使用することで、会場がテーマパークにいるような雰囲気も出すことが出来ました。

式場スタッフの方もこれに協力して下さり、皆さんミッキーの耳やパーティキャップなどを付けて、会場全体をディズニーランドのように演出することが出来ました。

お色直し後の再入場で使用したのは、「ビビディバビディブー」という曲。

シンデレラが魔法使いの力で美しいドレス姿に変身するシーンをイメージし、キャストリーダーの方が魔法使いの帽子とステッキでビビディバビディブー!と唱えるという演出も入れました。

参列していた多くの子供達に夢を持たせる演出ができ、最高の思い出になった結婚式でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です