結婚式は和装に決まり!和装の種類と合わせるおすすめの髪型

結婚式の衣装は、日本の伝統ともいえる、「和装」に憧れる方も少なくありません。

昔ながらのイメージを重んじて着たい方もいれば、現代風にアレンジしてモダンに着こなしたい方もいらっしゃるでしょう。

ただ結婚式の和装と言っても、ドレスの形にデザインがあるように、和装にもいくつか種類があります。

今回は、一般的に選ばれる和装の種類髪型をご紹介致します。

和装の花嫁衣裳の種類

和装の種類結婚式の花嫁衣裳の和装については、大きく分けて、3つあります。

また、ドレス同様に、挙式で着用する「」と「」に分かれ、和髪洋髪でも雰囲気は随分変わります。

さらに生地についても、であるのか化繊(化学繊維)であるのかで、色味・風合い・お値段も大きく変わります。

まずは、デザイン・形といった「種類」についてご紹介致します。

打掛け

打掛けは、多くの方がイメージする、花嫁衣裳の和装になります。

打掛は、掛下と呼ばれる着物を帯で締めて着た上に、更に羽織る様な形で着る衣装になります。

刺繍や、友禅と言った染など、豪華絢爛なものが多く、とても華やかです。

掛下についても、白が一般的ではありますが、打掛のデザインや色に合わせて、今は色やデザインもさまざまあります。

最近では、柄や色合いが現代風なものも随分増えてきました。

また、打掛がシースルーのオーガンジー素材で、柄も洋風な、一見洋装の印象も受けられる打掛もあります。

他とは違った個性を出して見たかったり、会場に合わせたりと、和装の着こなしも選択肢が多くなっているようです。

白無垢

白無垢も打掛と同様の着用の仕方になりますが、名前の通り、白いものを言います。

ドレスで言う、ウェディングドレスの事ですね。

基本的には、掛下から草履など全て真っ白で揃えます。

白無垢によっては、私が働いている職場では「裏赤」と呼んでいましたが、打掛部分の裏地が赤色になっていて、袖口や裾、歩いた時にチラリと赤が見えるものもあります。

私も、白無垢のイメージは真っ白より、裏赤がイメージにあったので、比較的裏赤が用意されている場合がほとんどだと思います。

また、掛下を「かのこ」といって、赤の絞り地にしたり、小物を赤にするなどしてアクセントを付ける方もいらっしゃいました。

おめでたい席なので、紅白にする風習が昔からあったからでしょう。

引き振袖

引き振袖は、簡単に言うと、振袖の豪華版といったところでしょうか。

袖が長く、着付けに関しては、帯を締め、一般的な着物と大きく変わりはないと言えます。

ただ、裾部分に綿がはいっており、裾を床に着いた状態で着付けます

袖や裾が引いて歩くほど長いので、引き振袖と覚えて頂くといいかもしれません。

一般的に引き振袖というと黒地のものをいいましたが、現在は、さまざまなカラーやデザインのバリエーションがありますので、黒地の物を「黒引きと呼ぶ事が多いです。

和装に合わせる髪型

花嫁衣装に合わせる髪型は大きく分けて和髪(かつら)洋髪になります。

和装に合わせたヘアアレンジはたくさんありますが、実は和髪というのはかつらの事を言うのが一般的になります。

よほどの髪の長さがあり、自分の髪で日本髪を結う以外は、基本的に洋髪に分類され、日本髪風といった扱いになる事が多いです。

かつらでなくてはならない場合もありますが、昨今では、芸能人なども、洋髪で着用する方も増え、着物自体も現代柄が多いので、イメージや好みで合わせてよいでしょう。

綿帽子

白無垢の時に被る、大きな頭巾のようなものになります。

白無垢同様、真っ白のものと、裏地が赤いものがある事が多く、白無垢によって選びます。

挙式時に被り、披露宴の時には外します。

ただ、綿帽子は本来、和髪に合わせて被りますので、かつらをかぶる事をオススメします。

洋髪でもなんとかやってくれる美容師さんもいらっしゃいますが、洋髪だと高さが安定せず、綿帽子の位置が取りにくくなってしまいます

披露宴では洋髪希望という気持ちもわかりますが、できればかつらの方が綺麗に被れるでしょう。

角隠し

角隠しは、綿帽子がすっぽり頭を覆うのに対して、半分隠して、結った部分と、裾部分は和髪が見えているといった髪型になります。

これもほとんどがかつらで行います。

こちらの場合も披露宴時には角隠しは外します。

まさに和髪といったイメージの髪型になります。

洋髪

洋髪は、かつら以外と思って頂いてよいでしょう。

すっきりアップにして、かつらではないけれど、和風を全面に出してもいいでしょう。

がっちりアップでソフトモヒカン風にかっこよく着こなすのもいいですね。

ふんわり盛って、現代風のかわいらしいアゲアゲにする方もいらっしゃいます。

再ブームという事で、エリカ様こと沢尻エリカの結婚式の時の様に、ハーフアップのヘアスタイルに、カサブランカをこれでもかと飾るスタイルも定番のようです。

洋髪については、千差万別ありますので、選んだ着物の柄や、イメージで探して頂くとよいでしょう。

まとめ

和装は華やかですし、白無垢や打掛はドレスに比べてみても、結婚式でなければ着る機会が少ないと言えます。

ただ、和装の場合は、上手に早く着付けてもらいたいのが正直なところ。

なぜなら、和装って着物もかつらも、すごく重たいんです。

お色直しについても、和装からドレスなら可能ですが、ドレスから和装は場合によっては難しい場合も多いのです。

チャペル式希望だけど、和装も着たいっていう方もいらっしゃると思いますが、挙式後に披露宴の入場で和装はなんとかありでも、中座から和装は中々厳しいものがあったりします。

私もチャペル希望で、でも和装も着てみたかったので、和装は結婚式の別日に写真撮りのみ行いました。

重たくて大変だったけれど、いままでもこれからもきっと着る事がないであろう着物とかつら姿に大満足でした。

今また、和装ブームがじわじわと来ているようです。

着物から髪型までバリエーション豊富になっている和装、あなたらしく是非着てみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です